Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 秋田大学 理工学研究科 数理・電気電子情報学専攻

秋田大学 理工学研究科 数理・電気電子情報学専攻

景山 陽一 教授

安全運転支援のための夜間最高速度標識の認識

超スマート社会
小間 S-03
プレ 0830-A-02

Akita University Professor Yoichi Kageyama

Recognition of Speed Limit Signs at Night for Supporting Safe Driving

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
超スマート社会
小間番号
S-03
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-02
2019年8月30日(金)
会場A
10:35 - 10:40

共同研究者

秋田大学 理工学研究科
准教授 石沢 千佳子

展示概要

技術概要
本技術は,道路に設置された車両用最高速度標識を映像から自動的に認識し,認識結果を提示するシステムです。従来の認識システムでは,夜間における標識の認識や,経年劣化によって色褪せている標識の認識が課題とされていました。このため,高感度カメラや近赤外カメラなどを用いる手法が検討・提案されています。本技術では,可視カメラを用いて夜間に自動車の助手席から撮影した映像から最高速度標識の領域を抽出し,領域内の数値を認識し結果を提示します。

想定される活用例
・運転手に対して最高速度制限情報を随時提供するシステム

 

展示のみどころ
街灯や電光看板が多く夜間明るい道路,および街灯などが少なく夜間暗い道路をそれぞれ走行した時に前方を撮影した映像を用いて,最高速度標識を認識するデモをお見せします。また,降雨時に撮影した映像を用いた認識デモもお見せします。降雨の条件下でも,最高速度標識が認識される様子が理解できます。

 

変色した標識 / Discolored Speed Limit Signs

雨天時の標識 / Speed Limit Signs at Rainy Weather

特許情報

特許情報1 発明の名称
道路標識認識装置及びそのプログラム
特許情報1 出願人
国立大学法人秋田大学
特許情報1 発明者
景山 陽一,石沢 千佳子,鈴木 拓也
特許情報1 出願日
平成30年12月17日
特許情報1 出願番号
特願2018-235382

お問い合わせ先

秋田大学産学連携推進機構

電話:018-889-2712   FAX:018-837-5356  

URL:https://www.akita-u.ac.jp/crc/inquiry/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop