Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 茨城大学 工学部 物質科学工学科

茨城大学 工学部 物質科学工学科

吾郷 友宏 准教授

芳香族化合物の短工程ペルフルオロアルキル化法の開発

ナノテクノロジー
小間 N-01

Ibaraki University Tomohiro Agou

A short-step perfluoroalkylation method for aromatic compounds

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-01

展示概要

技術概要
今回開発した新技術では、安価に入手できる有機フッ素化合物を原料に用いて、ペルフルオロアルキル基を多環芳香族化合物に短工程で導入する方法を提供します。ペルフルオロアルキル基の多数導入によって、芳香族化合物の溶解性、環境安定性、電子受容性を向上させることができるため、有機電界効果トランジスターや太陽電池に用いられるn型有機半導体材料や、赤色~近赤外領域の光吸収・発光色素への応用が期待されます。今回は、有機半導体材料として繁用されているペンタセンおよびフタロシアニン類へペルフルオロアルキル基を多数導入した電子受容性共役分子の合成を行っています。

想定される活用例
・有機電界効果トランジスターの電子輸送材料
・有機薄膜太陽電池のn型材料
・近赤外領域での光吸収・発光色素

 

展示のみどころ
独自開発したペルフルオロアルキル化反応を用いて合成したフッ素化芳香族化合物の実物サンプルの展示と、物性などのPCを用いた展示を行います。

特許情報

特許情報1 発明の名称
含フッ素多環芳香族化合物、有機薄膜トランジスタ、太陽電池、電子写真感光体及び有機発光素子の製造方法
特許情報1 出願人
茨城大学
特許情報1 発明者
吾郷友宏、鈴木晟眞、菅野康徳、福元博基、久保田俊夫
特許情報1 出願日
2018/9/19
特許情報1 出願番号
特願2018-174910

お問い合わせ先

茨城大学 研究・産学官連携機構(日立)

メールアドレス:iric@ml.ibaraki.ac.jp

電話:0294-38-5005   FAX:0294-38-5240  

URL:https://www.iric.ibaraki.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop