Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 宇都宮大学 大学院地域創生科学研究科 工農総合科学専攻

宇都宮大学 大学院地域創生科学研究科 工農総合科学専攻

篠田 一馬 助教

分光・偏光・RGBを一度に撮影!フォトニック結晶による分光偏光カメラ

情報通信
小間 I-06
プレ 0830-B-08

Utsunomiya University Kazuma Shinoda

Mutlispectral-polarization-RGB imaging using snapshot camera based on photonic crystal

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-06
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-08
2019年8月30日(金)
会場B
11:10 - 11:15

展示概要

技術概要
5cm×5cm×5cmのモノクロカメラに開発したフォトニック結晶型フィルタアレイを搭載することで,ワンショットで分光画像・偏光画像・RGB画像を同時に撮影できるイメージングシステムを実現しました.同一視点かつリアルタイムで様々な種類の画像を取得できることから,工場での欠陥検出,車載カメラ,農作物モニタリング,医療用途など,幅広い分野に応用が期待できます.

想定される活用例
・工業応用(ラインでの異物検出や欠陥検査,鉱物解析)
・農業応用(農作物の収穫前/収穫後の品質検査)
・セキュリティ応用(監視カメラ,車載カメラ)
・医療応用(内視鏡カメラ,顕微鏡カメラ)

 

展示のみどころ
展示では,試作したスナップショット分光偏光カメラを使用し,リアルタイムに分光・偏光・RGB画像を表示するデモを行います.フォトニック結晶型フィルタアレイを搭載した5cm×5cm×5cmの試作カメラをUSBケーブルでノートパソコンに接続し,10fpsのフレームレートで,RGB画像と同時に特定の波長帯や偏光成分を画像化して表示します.

 

分光偏光フィルタアレイ搭載イメージャ / Image sensor with a multispectral polarization filter array

フィルタアレイパターンの電子顕微鏡画像 / Scanning electron microscope image of a filter array

特許情報

特許情報1 発明の名称
フィルタ、画像撮影装置および画像撮影システム
特許情報1 出願人
宇都宮大学
特許情報1 発明者
篠田一馬,大寺康夫
特許情報1 出願日
2016/9/8
特許情報1 出願番号
特願2016-175460

お問い合わせ先

宇都宮大学 篠田一馬

メールアドレス:shinoda@is.utsunomiya-u.ac.jp

電話:028-689-6267  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop