Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻

大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻

大﨑 基史 特任講師

革新的強靭性と自己修復性をもつ新規超分子で新製品を!

マテリアル・リサイクル
小間 Z-29
プレ 0829-B-19

Osaka University Motofumi Osaki

Tough Self-Healing Polymeric Materials with Host-Guest Interactions

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-29
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-19
2019年8月29日(木)
会場B
12:15 - 12:20

展示概要

技術概要
高分子材料の強靭化や自己修復能力は、材料の長寿命化の観点から近年特に注目を集めている研究テーマです。天然に存在するシクロデキストリンという環状分子の相互作用(ホストゲスト架橋)を用いて、非常に強靭であり、かつ、損傷を受けても傷が回復する自己修復材料(超分子材料)を開発しました。この材料の分子設計は、あらゆる高分子材料に対して比較的容易に適用することが可能であり、強度や伸び、自己修復性能を従来の高分子材料に付与することで材料利用の幅を広げることができます。是非新製品開発に検討ください。

想定される活用例
・構造材、塗膜、接着剤、結着剤など既存高分子が用いられているあらゆる分野でのその性能向上
・表面の傷を自己修復する高分子塗装膜、膨張率の違う異種材料間の接着剤、電池・精密機器部材

 

展示のみどころ
自己修復性ホストゲスト超分子材料の実例として、既存の試作高分子材料を強靭化した素材を展示致します。シート型・キューブ型などの超分子材料を実際に触って頂きつつ、その分子メカニズムや導入法、応用事例などを解説致します。御覧頂いた超分子材料について「このような用途にも利用したい」といった要望等ございましたら、是非ご相談させてください。 一部の超分子材料は製品化済みであり、企業を通じて提供する事も可能です。

お問い合わせ先

大阪大学共創機構 産学共創本部 イノベーション戦略部門 産学官連携支援室

メールアドレス:contact@uic.osaka-u.ac.jp

電話:06-6879-4875  

URL:https://www.uic.osaka-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop