Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 心臓血管外科

岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 心臓血管外科

大澤 晋 講師

Diamond like carbon技術を用いた狭窄しない人工血管の開発

医療
小間 W-31
プレ 0829-B-44

Okayama University Senior assistant professor Ozawa Susumu

Effects of diamond-like-carbon coating for ePTFE artificial vascular graft as arteriovenous shunt

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-31
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-44
2019年8月29日(木)
会場B
14:45 - 14:50

共同研究者

岡山理科大学 フロンティア理工学研究所
教授 中谷 達行

岡山大学 心臓血管外科
技術専門職員 逢坂 大樹

展示概要

技術概要
心臓血管外科で使われる人工血管の内、6mm以下の開存率は不良です。当研究室ではDiamond-like-carbon(DLC)という極薄高耐久性カーボン膜の人工血管への応用研究を進めており、これまでにDLCの管状物内腔へのコーティングに世界で初めて成功しました。現在、透析シャントへの応用を目指して動物実験を行っており、従来製品と比べて良好な生体適合性が確認できています。さらに、血管内・尿管カテーテルや人工心肺回路にも応用可能かつ、修飾基付与による性状変換など広範な展開が期待できます。

想定される活用例
・透析シャント、冠動脈バイパス、小児心臓手術などに使われる新規人工血管
・静脈内長期留置カテーテルや尿管カテーテルへの応用 (カテ内腔へのコーティング)
・人工心肺・透析装置チューブ回路への応用

 

展示のみどころ
我々は主にDiamond like carbon (DLC)の医療材料への応用を目指しています。これまで、世界で初めて管腔構造物への成膜を成功させ、国内学の特許を取得しました。現在は主に人工血管への適応を進めていますが、血管内・尿管カテーテルへの応用も開始しました。本展示会では、管腔内でのプラズマ発生を捉えた世界初の映像およびDLC人工血管を供覧しながら、これまでの成果と展望をご説明します。

 

管腔構造内壁へのDLCコーティング / DLC application for inner surface of the tube structure

DLC-ePTFEを用いた動物試験 / DLC-ePTFE animal investigation in goat

特許情報

特許情報1 発明の名称
成膜方法
特許情報1 出願人
今井裕一
特許情報1 発明者
今井裕一、中谷達行、大澤晋、藤井泰宏、内田治仁
特許情報1 出願日
2017年3月16日
特許情報1 出願番号

お問い合わせ先

岡山大学心臓血管外科

メールアドレス:ohzawa-s@cc.okayama-u.ac.jp

電話:086-235-7359   FAX:086-235-7431  

URL:http://okayama-u-cvs.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop