Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 生活工学共同専攻

お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 生活工学共同専攻

太田 裕治 教授

靴インソールがあなたの動作を判別~履くだけで健康に!

ライフサイエンス
小間 L-15
プレ 0830-A-23

Ochanomizu University Professor Ohta Yuji

Identification of your activities by the smart shoe insole for health promotion

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-15
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-23
2019年8月30日(金)
会場A
12:40 - 12:45

共同研究者

お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系
助教 オベル加藤 ナタナエル

お茶の水女子大学 生活科学部
学部教育研究協力員 トリペッテ ジュリアン

展示概要

技術概要
生活習慣病を予防し健康に暮らすためには日々の身体活動量を適切に保つ必要があり、そのため、現在、多くのウェアラブルセンサが開発されています。ここでは靴によって装着者の動作の種類を判別し、身体活動量を推定する新しい技術を提案します。他のセンサとの煩雑な組み合わせは必要ありません。靴を履くだけで健康維持が可能となります。ポイントは靴のインソールに埋め込まれた圧力センサです。これが動作時の足裏圧力を計測し、機械学習によって動作パターンを判別、身体活動量を推定し、迅速効果的なフィードバックを実現します。

想定される活用例
・中高年齢者の健康増進(身体活動量の維持)
・生活パターンの判定とアドバイス

 

展示のみどころ
期間中、インソールデバイスの実物を展示いたします。どうぞ、お手に取ってご覧ください。歩行中の足裏の圧力データは様々な目的に応用可能であり、多方面への展開に関してもご相談させて頂きます。

 

IoT型足圧計測靴デバイス / An in-shoe device to measure plantar pressure during daily human activity

特許情報

特許情報1 発明の名称
行動判定装置、行動判定システム、行動判定方法及びプログラム
特許情報1 出願人
お茶の水女子大学
特許情報1 発明者
安在絵美、太田裕治、任点
特許情報1 出願日
2019年2月18日
特許情報1 出願番号
PCT/JP2019/005873

お問い合わせ先

お茶の水女子大学 研究協力課

メールアドレス:s-kenkyo@cc.ocha.ac.jp

電話:03-5978-5162   FAX:03-5978-2732  

URL:http://www.ocha.ac.jp/research/menu/literary_property/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop