Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系

お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系

長澤 夏子 准教授

女性の体格・動作に応じてヒューマン・ファクターを考慮した検査機器のデザイン設計

ライフサイエンス
小間 L-16
プレ 0830-A-24

Ochanomizu University Associate Professor Nagasawa Natsuko

-

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-16
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-24
2019年8月30日(金)
会場A
12:45 - 12:50

共同研究者

株式会社 Lily MedTech
関 美佳

株式会社 Lily MedTech
CTO 東 隆

展示概要

技術概要
円環型の超音波を使用した新しい乳がん用診断装置「リングエコー」の開発が進められています。ベッド上にてうつぶせ寝(伏臥位)で10分間、乳房を撮像します。うつぶせ寝で片側10分間動かずにいる…単純に考えられるこの所作・行動でも、女性の身体・体格・年齢などの違いから、ベッドデザインが検査しやすさ、撮像精度に関わることがわかりました。
検査精度を高めたり、人が楽に安全に利用できるよう、人体形状・人間工学・生理心理側面の計測を基盤とし、インテリアや空間などのデザインにフィードバックする技術です。

想定される活用例
・女性や高齢者など体格、動作や所作に特徴がある方に対する検査装置
・女性や高齢者など体格、動作や所作に特徴がある方に対する生活用品への活用
・上記に該当するような既存製品などの安全性や使いやすさの向上

 

展示のみどころ
映像展示によって、試作ベッドで行った心理調査に基づいて検査所作を行いやすくするベッドデザインの紹介をいたします。伏臥位姿勢を楽にとれることや、姿勢の変更を安全に行うための工夫をデザインで実現します。また、模型などで実験研究のポイントをご紹介します。

 

人体形状・人間工学・生理心理側面の計測の様子 / Design shape and measurement of human shape, ergonomics, physiology and psychology

検査用ベッドのデザイン提案例(製品イメージ) / Design proposal for examination bed (Product image)

特許情報

特許情報1 発明の名称
【意匠】医療用乳房検査機
特許情報1 出願人
株式会社Lily MedTech、お茶の水女子大学
特許情報1 発明者
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号

お問い合わせ先

お茶の水女子大学 研究協力課

メールアドレス:s-kenkyo@cc.ocha.ac.jp

電話:03-5978-5162   FAX:03-5978-2732  

URL:http://www.ocha.ac.jp/research/menu/literary_property/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop