Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 香川高等専門学校 電子システム工学科  

香川高等専門学校 電子システム工学科  

三﨑 幸典 教授

水難救助ドローン

防災
小間 D-08
プレ 0830-B-60

National Institute of Technology(KOSEN), Kagawa College professor yukinori misaki

Water Rescue Drone

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
防災
小間番号
D-08
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-60
2019年8月30日(金)
会場B
16:20 - 16:25

共同研究者

香川高等専門学校 電子システム工学科
講師 岩本 直也

展示概要

技術概要
水難救助には通常発見者がペットボトルを投げる、浮輪を投げる等を行い助ける。また救急隊は非常浮輪を投げる、救命索発射装置により救助するがなかなか要救助者のところに的確に浮輪を投げることはできない。また遠い場合や風が強い場合はより困難となる。そこでドローンを積極的に使用し要救助者に安全・的確に浮具(1.5リットルペットボトル4~8個)を届ける水難救助ドローンを開発した。本案件は内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017に採択されている。

想定される活用例
・水難救助ドローン
・強風下で飛べることを利用し災害時遠方の状況確認(高解像度カメラ搭載)
・災害時の人の検出(赤外線熱カメラを搭載)

 

展示のみどころ
試作した水難救助ドローンの展示
実際にフィットネスクラブのプールでの実証実験動画
その他ドローン関連技術の展示

 

水難救助ドローン(専用機)

水難救助ドローン(ファントムアダプタ)

特許情報

特許情報1 発明の名称
水難救助装置
特許情報1 出願人
独立行政法人国立高等専門学校機構・株式会社空撮技研
特許情報1 発明者
三崎 幸典・合田 豊
特許情報1 出願日
平成27年10月13日
特許情報1 出願番号
特願2015-20227

お問い合わせ先

総務課地域連携係

メールアドレス:etiiki@t.kagawa-nct.ac.jp

電話:0875-83-8507   FAX:0875-83-6389  

URL:http://www.kagawa-nct.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop