Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 香川大学 創造工学部 創造工学科

香川大学 創造工学部 創造工学科

馮 旗 教授

逆浸透膜の高性能化を実現する多孔性無機ナノシート材料

ナノテクノロジー
小間 N-33
プレ 0829-A-16

Kagawa University Professor Qi Feng

Fabrication of High Performance Reverse Osmosis Membrane by Porous Inorganic Nanosheets

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

6 安全な水とトイレ を世界中に
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-33
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-16
2019年8月29日(木)
会場A
12:00 - 12:05

共同研究者

香川大学 創造工学部
准教授 上村 忍

展示概要

技術概要
逆浸透膜法による海水淡水化では、浸透圧以上の圧力をかけて細孔径約2nmの逆浸透膜に水のみを透過させ水と塩分を分離する。現在、膜厚100~150nmの多孔性有機ポリマー膜材料が使用されているが、膜厚が厚く圧力損失が大きい。無機層状化合物ナノシートは厚さ約1nmであり、多孔性ナノシートを作製できれば、薄い多孔性膜に利用でき、省エネルギー高性能多孔性膜材料を実現できる。本技術は、多孔性層状チタン酸粒子の合成、剥離による多孔性層状チタン酸ナノシートおよびそれを利用した逆浸透膜の作製法を提供する。

想定される活用例
・海水淡水化や飲料水浄化など利用する逆浸透膜
・水の浄化等に利用するナノろ過膜、限外ろ過膜
・従来の有機膜の1/10膜厚を実現できる高性能膜材料

 

展示のみどころ
多孔性層状チタン酸ナノシートの作製法およびナノシートを用いて多孔性ナノシートを積層して多孔性膜の作製に関するユニークなアイディア。

 

多孔性層状チタン酸ナノシート薄膜の作製(1) / Fabrication of porous layered titanate menbrane(1)

多孔性層状チタン酸ナノシート薄膜の作製(2) / Fabrication of porous layered titanate menbrane(2)

特許情報

特許情報1 発明の名称
酸化物ナノシート及びその製造方
特許情報1 出願人
香川大学
特許情報1 発明者
馮旗
特許情報1 出願日
2016年10月28日
特許情報1 出願番号
特願2016-211804願、PCT/JP2017/038668

お問い合わせ先

香川大学創造工学部・馮旗

メールアドレス:feng@eng.kagawa-u.ac.jp

電話:087-864-2402   FAX:087-864-2438  

URL:http://www.kards.kagawa-u.ac.jp/profile/ja.b78a10e7a3457b7d60392a0d922b9077.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop