Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 関西大学 環境都市工学部 エネルギー・環境工学科

関西大学 環境都市工学部 エネルギー・環境工学科

荒木 貞夫 准教授

セラミック中空糸膜の創成とものづくりプロセスへの応用

マテリアル・リサイクル
小間 Z-24
プレ 0829-B-15

Kansai University Associate Professor Sadao Araki

Preparation of ceramic hollow fibers and their application for manufacturing process

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-24
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-15
2019年8月29日(木)
会場B
11:50 - 11:55

展示概要

技術概要
様々なセラミックス多孔質中空糸の合成に成功しました。シリカ、アルミナ、ジルコニア、酸化亜鉛および、ゼオライト、金属有機構造体(MOF)などの合成が可能です。形状は穴が1つのチューブ状から、 3つや7つあるモノリス状など種々の調整が可能です。セラミック中空糸は、従来の高分子中空糸では使用が難しかった高温プロセスでの使用や、焼成による細孔のクリーニングも可能となります。また,中空糸の内側を触媒へ転換し,反応場としての応用や,分子篩やイオン伝導性などの機能を持たせて分離膜としての利用が期待されます。

想定される活用例
・医薬品,化学品などの新規合成プロセス
・水素,アンモニアの新規合成プロセス
・MF,UF,NFなどの膜分離プロセス
・二酸化炭素,水素などのガス分離プロセス
・有価または有害金属の分離・回収プロセス

 

展示のみどころ
実際に提供可能なセラミック中空糸を展示いたします.実際に触って頂いて,どのようなものか(数に限りはありますが,ポキっと折ってもらったりして頂けます)体験して下さい.

 

中空糸写真

セラミック中空糸写真と断面SEM写真 / Picture and cross-sectional SEM images of ceramic hollow fibers

セラミック中空糸の特徴

セラミック中空糸の特徴 / Unique feature of our ceramic hollow fiber

特許情報

特許情報1 発明の名称
ゼオライト分離膜およびその製造方法
特許情報1 出願人
関西大学 ほか
特許情報1 発明者
荒木貞夫 ほか
特許情報1 出願日
2016/02/19
特許情報1 出願番号
特願2016-030475

お問い合わせ先

関西大学 産学官連携センター

メールアドレス:sangakukan-mm@ml.kandai.jp

電話:06-6368-1245   FAX:06-6368-1247  

URL:http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/industry/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop