Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 関西大学 システム理工学部 機械工学科

関西大学 システム理工学部 機械工学科

高橋 智一 准教授

臓器に接触すると吸引する外科手術用吸着デバイス

医療
小間 W-23
プレ 0829-B-38

Kansai University Associate professor Tomokazu Takahashi

Surgery suction device grasping inner organs on concact

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-23
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-38
2019年8月29日(木)
会場B
14:10 - 14:15

展示概要

技術概要
接触するとバルブが開いて吸着し、剥離するとバルブが閉じる吸着機構を開発しました。心臓血管外科手術の1つである冠動脈バイパス術では血管吻合時にスタビライザーを使用します。このスタビライザーは吸盤の一部が剥離すると負圧が保てなくなり、すべてが剥離します。それに対して開発した吸着機構は吸盤の一部が剥離してもバルブが閉じるので負圧を保てます。また微弱な力でバルブは開くので剥離した吸盤の再吸着も容易です。吸盤は小型であるので心臓以外の臓器の内視鏡手術にも対応できると考えています。

想定される活用例
・心拍動下冠動脈バイパス手術用スタビライザー
・心臓以外の臓器を対象とした内視鏡手術器具

 

展示のみどころ
吸盤の試作機を展示します。試作機による吸着試験を実演しますので、吸盤が物体に接触して微弱な押圧でバルブが開き吸着する様子をご覧になれます。また吸着の様子を映像でご覧になれます。

 

特願2018- 160870

接触時に開くバルブを有する吸盤

特許情報

特許情報1 発明の名称
吸着体、および吸着装置
特許情報1 出願人
関西大学
特許情報1 発明者
高橋智一
特許情報1 出願日
2018/08/29
特許情報1 出願番号
特願2018-160870

お問い合わせ先

関西大学 産学官連携センター

メールアドレス:sangakukan-mm@ml.kandai.jp

電話:06-6368-1245   FAX:06-6368-1247  

URL:http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/industry/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop