Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科

北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科

礒田 隆聡 准教授

高齢者施設や在宅介護での遠隔診断実現のための携帯型バイオセンサの開発

シニアライフ(高齢社会)
小間 A-05
プレ 0830-B-04

The University of Kitakyushu Takaaki Isoda

Development of a mobile biosensor for use in a human health-care for the realization of remote diagnosis at home-care and facility for the elderly

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
シニアライフ(高齢社会)
小間番号
A-05
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-04
2019年8月30日(金)
会場B
10:45 - 10:50

展示概要

技術概要
我が国では高齢者の老人ホームや介護施設への入居は増加し続ける一方で、医療従事者や介護者の人手不足が社会問題になりつつある。また厚労省では病院施設の不足解消のため、在宅介護を推進する法改正準備を進めている。本研究は超高齢化社会への方策として、大学が保有するバイオセンサ技術を製品化し、いつでも、どこでも、だれでも診断できる小型携帯型センサを開発した。

想定される活用例
1.高齢化社会対策
 健康状態の遠隔検査:自宅や介護施設     
 ⇒微量血液検査、検尿、検便、口腔衛生、感染症

2.食品安全対策
 食中毒検査の遠隔管理:食品加工、給食施設、スーパー等
 

 

展示のみどころ
①胸ポケットに収まる世界最小の量産センサ測定器
 の展示
②センサ使用法のデモ動画を公開
③半導体製造プロセスで量産した市販センサの展示
③印刷技術で作製したプリントセンサの展示と性能
 紹介

 

展示の見どころ1:携帯型バイオセンサとIoTシステム

展示の見どころ2:印刷技術で作製した電極シートとこれを用いた低価格センサ

特許情報

特許情報1 発明の名称
センサチップ及びその製造方法、分析装置、並びに分析方法
特許情報1 出願人
北九州市立大学
特許情報1 発明者
礒田隆聡、龍神康大
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号
2018- 039978
特許情報2 発明の名称
溶液分析装置及びその製造方法並びに溶液分析方法
特許情報2 出願人
北九州市立大学
特許情報2 発明者
礒田隆聡、龍神康大
特許情報2 出願日
特許情報2 出願番号
2017- 022253
特許情報3 発明の名称
溶液成分分析キット、溶液成分分析方法、及び溶液成分分析装置
特許情報3 出願人
アルバック成膜株式会社・北九州市立大学
特許情報3 発明者
礒田隆聡、市原勲己、小島智明、内田茂
特許情報3 出願日
特許情報3 出願番号
2016- 221892

お問い合わせ先

北九州市立大学 企画・研究支援係 (担当:有薗)

メールアドレス:kikaku@kitakyu-u.ac.jp

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop