Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 北里大学 理学部 生物科学科

北里大学 理学部 生物科学科

石原 沙耶花 助教

炎症性腸疾患の新規抗体医薬の開発

医療
小間 W-12
プレ 0829-B-32

Kitasato University Assistant Professor Ishihara Sayaka

Development of a new antibody medicine against IBD

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-12
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-32
2019年8月29日(木)
会場B
13:35 - 13:40

展示概要

技術概要
申請者は独自に開発した炎症性腸疾患モデルマウスを用いて、大腸炎・がんを惹起する病原性T細胞上に発現するalpha4beta7の接着活性が上昇し、過剰に大腸粘膜固有層に浸潤していることを見いだしました。これまで、alpha4beta7の活性型構造を特異的に認識する抗体が存在しなかったため、alpha4beta7の構造変化を検討する方法がありませんでした。申請者は始めて、alpha4beta7の活性型構造を認識するモノクローナル抗体を作製しました。この抗体はヒト・マウスいずれの活性型alpha4beta7を認識します。病原性T細胞を特異的に認識するので、その排除に有効であると期待されます。

想定される活用例
・IBD治療
・慢性骨髄腫治療
・IBDにおける大腸粘膜固有層への病原性T細胞ホーミングの阻害剤のスクリーニングシステムとして有効である。

 

展示のみどころ
大腸炎・がんを惹起する病原性T細胞上に発現するalpha4beta7では活性型構造が誘導されているために、接着活性が上昇し、過剰に大腸粘膜固有層に浸潤することで、発癌につながる激しい大腸炎が引き起こされていることを示します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
大腸炎又は大腸癌モデル非ヒト動物及びその利用
特許情報1 出願人
学校法人北里研究所
特許情報1 発明者
片桐 晃子、石原 沙耶花、錦見 昭彦、三枝 信
特許情報1 出願日
2015/10/23
特許情報1 出願番号
特願2015-209324

お問い合わせ先

北里大学理学部免疫学講座

メールアドレス:isayaka@kitasato-u.ac.jp

電話:042-778-9480   FAX:042-778-9480  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop