Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学専攻

九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学専攻

森口 哲次 准教授

超高濃度ナノバブル炭酸温泉浴!(血行促進、疲労回復、美肌作り、を身近に!)

医療
小間 W-34
プレ 0829-B-47

Kyushu Institute of Technology Associate Professor Moriguchi Tetsuji

Bathing equipment using carbon dioxide nano gasbubbloe technology

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-34
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-47
2019年8月29日(木)
会場B
15:05 - 15:10

共同研究者

株式会社ドーワテクノス
取締役 小野 貴和

展示概要

技術概要
本出展のガス徐放装置によって、従来は困難であったナノバブルやマイクロバブル装置の前段に設置することで効率的にナノバブル浴が可能となりました。通常これらのナノバブルやマイクロバブル生成にはボンベを用いますが、家庭や病院介護施設で使用し難く且つ簡便ではありませんでした。
この装置による徐放が適切に作動し、足湯や美顔器でも1個の炭酸ガスペレットで10分間程度で、炭酸ガス濃度1000~1600ppmを達成し、加えて溶解していないガスナノバブルの存在も確認しました。この開発によって、医療現場や家庭においても効率的に高濃度ガスナノバブル浴を利用できるようになりました。

想定される活用例
・飽和炭酸ガスナノバブル浴によるASO患者の血行改善
・飽和炭酸ガス足湯による血行改善
・飽和炭酸ガス美顔器による美顔効果

 

展示のみどころ
簡単に種々のガスナノバブル水(温度任意)を高濃度で生成可能で、それを用いた医療用入浴設備や足湯や美顔器のような局部に用いるガスナノバブル浴の技術紹介です。

 

ナノバブル浴 / Nano-bubble spa

特許情報

特許情報1 発明の名称
ガス徐放装置及びこれを用いたガス徐放設備
特許情報1 出願人
九州工業大学。株式会社ドーワテクノス
特許情報1 発明者
森口哲次・芹生功
特許情報1 出願日
2018/12/20
特許情報1 出願番号
特願2018-238309

お問い合わせ先

九州工業大学大学院工学研究院 森口哲次

メールアドレス:moriguch@che.kyutech.ac.jp

電話:093-884-3330   FAX:093-884-3330  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop