Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 熊本大学 大学院先端科学研究部 ロボット・制御・計測分野

熊本大学 大学院先端科学研究部 ロボット・制御・計測分野

中妻 啓 助教

耐熱衝撃・フレキシブル超音波トランスデューサー・感圧センサー

装置・デバイス
小間 M-72

Kumamoto University Assistant Professor Kei Nakatsuma

Thermal-shock-resistant and flexible ultrasound transducer / pressure sensor

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-72

共同研究者

熊本大学 大学院先端科学研究部
准教授 小林 牧子

熊本大学 大学院先端科学研究部
助教 田邉将之

展示概要

技術概要
圧電デバイスは力センサーや振動センサーのほか、超音波を発振・受振する素子(超音波トランスデューサー)として使ったり振動発電用の素子として使ったりすることができます。私たちの技術では圧電材料をスプレー塗布することで薄くフレキシブルで耐熱衝撃性に優れた圧電セラミックデバイスを作ることができます。現在までに1000℃程度の高温下での動作や椅子に埋め込んで着座時の脈波を取得することに成功しており、高温配管の肉厚モニタリングや構造物の非破壊検査への適用や車載センサーとしての活用を目指して応用開発を進めています。

想定される活用例
・【非破壊検査】工場内の高温部分を含むあらゆる場所に貼付・塗布して稼働状況・異常・欠陥等の超多点リアルタイムモニタリングの実現
・【ロボット】全身型皮膚センサー
・【医療・ヘルスケア】貼付型超音波検査プローブ、柔軟脈波モニタリングセンサー

 

展示のみどころ
提案する技術で作製したフレキシブル感圧・振動センサ、超音波トランスデューサ等のサンプルを展示

お問い合わせ先

熊本大学 熊本創生推進機構 イノベーション推進部門

メールアドレス:liaison@jimu.kumamoto-u.ac.jp

電話:096-342-3145   FAX:096-342-3300  

URL:https://www.kumamoto-u.ac.jp/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop