Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 情報学部 情報デザイン学科

工学院大学 情報学部 情報デザイン学科

合志 清一 教授

理論的限界を超える高解像度化技術

情報通信
小間 I-07
プレ 0830-B-09

Kogakuin University Professor Seiichi Gohshi

Novel Super Resolution Technology - Creating High Frequency Elements that the Original Image Does Not Possess -

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-07
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-09
2019年8月30日(金)
会場B
11:15 - 11:20

展示概要

技術概要
現在販売されているほとんど全てのテレビには「超解像」と呼ばれる高解像度化機能が搭載されているが、大幅な画質改善は望めない。今回展示する高解像度化技術は、これまで理論的限界と言われて来たナイキスト周波数を越える周波数成分を生成可能である。即ち、元となる映像が保有しない高解像度成分を作り出す機能を有するので、これまで提案されてきたあらゆる超解像をも上回る高精細画像を生成可能である。提案技術は、8Kを含むあらゆる映像でリアルタイム処理が可能であり、ただ1枚だけの静止画に対しても効果を発揮する。

想定される活用例
・監視カメラ
・内視鏡を含む医療映像
・アナログ映像の高精細化
・赤外カメラ等、低解像カメラ映像の高精細化

 

展示のみどころ
4K映像を高解像度化装置でリアルタイム処理することができるので、超解像機能のON/OFFによる高解像性能の有無の差を目視により実感して頂くことができます。

 

ボケ画像 / Blurry image

超解像処理結果 / Super resolution processed image

特許情報

特許情報1 発明の名称
画像強調装置、画像強調方法
特許情報1 出願人
合志清一、株式会社計測技術研究所
特許情報1 発明者
合志清一
特許情報1 出願日
2012/8/9(登録日2013/7/26)
特許情報1 出願番号
特願2012-177466(特許第5320538号)
特許情報2 発明の名称
画像強調装置、画像強調方法
特許情報2 出願人
合志清一、株式会社計測技術研究所
特許情報2 発明者
合志清一
特許情報2 出願日
2012/8/9(登録日2013/11/1)
特許情報2 出願番号
特願2012-177476(特許第5396626号)
特許情報3 発明の名称
画像処理装置、画像処理方法
特許情報3 出願人
合志清一、株式会社計測技術研究所
特許情報3 発明者
合志清一、小笠原仁、中村晋一郎
特許情報3 出願日
2013/8/20
特許情報3 出願番号
特願2013-170756

お問い合わせ先

工学院大学 研究推進課

メールアドレス:sangaku@sc.kogakuin.ac.jp

電話:03-3340-3440   FAX:03-3342-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/collaboration/application.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop