Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 応用化学科

工学院大学 先進工学部 応用化学科

小林 元康 教授

汚れが落ちる表面技術

ナノテクノロジー
小間 N-08
プレ 0829-A-03

Kogakuin University Professor Motoyasu Kobayashi

Surface Modification for Antifouling Technology

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-08
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-03
2019年8月29日(木)
会場A
10:40 - 10:45

展示概要

技術概要
材料表面にポリマーというひも状の分子を生やす技術を使って、水となじみやすい超親水性ポリマーブラシ薄膜を表面に作ります。この薄膜は大気中では汚れが付着しますが、水に入れるだけで油汚れをはじく防汚性を発揮します。また、フジツボなど海洋生物の付着も抑制できるため生物汚損も防ぐ機能があり、船底塗料や港湾発電所などでの利用が期待されます。タンパク質なども吸着しないので抗血栓性材料などへも応用できます。

想定される活用例
・掃除のいらない太陽電池パネル(雨が降れば汚れが落ちる)
・船底塗料(フジツボ付着抑制)
・カテーテルワイヤーのコーティング(血液適合性)

 

展示のみどころ
ラー油で汚れた基板を水槽に沈めるだけで油滴が基板から剥離して、浮き上がる様子をその場でご覧頂けます。また、海洋付着性生物のキプリス幼生が付着しにくい様子をビデオで紹介します。

 

水中にて親水性ポリマーブラシ表面から油滴が脱離する様子 / Oil detachment behavior on the hydrophilic polymer brush surface in water

特許情報

特許情報1 発明の名称
未公開
特許情報1 出願人
学校法人工学院大学他
特許情報1 発明者
小林元康他
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号
特許情報2 発明の名称
未公開
特許情報2 出願人
学校法人工学院大学他
特許情報2 発明者
小林元康他
特許情報2 出願日
特許情報2 出願番号
特許情報3 発明の名称
部材の接着方法、およびポリマー複合体
特許情報3 出願人
科学技術振興機構
特許情報3 発明者
小林元康、高原淳
特許情報3 出願日
2010/12/7(登録日2014/9/19)
特許情報3 出願番号
特願2011-545211(特許第5613882号)

お問い合わせ先

工学院大学 研究推進課

メールアドレス:sangaku@sc.kogakuin.ac.jp

電話:03-3340-3440   FAX:03-3342-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/collaboration/application.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop