Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 環境化学科

工学院大学 先進工学部 環境化学科

関 志朗 准教授

1粒の粒子で電池性能を見通す-高精度単粒子電気化学計測システム

低炭素・エネルギー
小間 E-06
プレ 0830-B-32

Kogakuin University Associate Professor Shiro Seki

Evaluation of battery performance by only-one particle / High precision single particle electrochemical measurement system

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-06
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-32
2019年8月30日(金)
会場B
13:35 - 13:40

展示概要

技術概要
注目を浴びる蓄電池の開発分野において、性能評価を行う際には所定量の正極・負極・電解質を其々組み合わせ、実電池に組み上げる必要があり、多大な時間・コストが必要です。本システムは、電池材料の性能を支配する電極(正極・負極)の粒子1粒に直接コンタクトしこれを評価するもので、開発途上の少量サンプルの性能評価や材料の高速スクリーニングを可能とする技術です。また、従来導入している副次的材料(導電材、結着材)を用いず性能評価をでき、蓄電池全体への影響の最も大きい電極活物質の性能を容易かつ正確に俯瞰できます。

想定される活用例
・蓄電池の高速性能評価システム
・高性能蓄電池を必要とする分野(民生用小型機器、電気自動車、定置用蓄電池)への導入・普及の貢献
・材料開発段階における蓄電池への適用可否の高速判断

 

展示のみどころ
本測定技術は、マイクロメータークラスの微粒子1粒子を的確に捕捉し、これの電気的な計測を直接行う技術です。展示では実際の計測時の様子を動画で紹介します。また測定に使用する必要機器、電極の作製実演などを行います。視覚に訴えたわかりやすい展示を行います。

 

高精度単粒子電気化学計測システムの概要 / Single particle electrochemical measurement system

特許情報

特許情報1 発明の名称
固体電解質形成用組成物、高分子固体電解質、固体電解質形成用組成物の製造方法、高分子固体電解質の製造方法及び全固体電池
特許情報1 出願人
学校法人工学院大学
特許情報1 発明者
関 志朗、加藤 優輝
特許情報1 出願日
2017/12/4
特許情報1 出願番号
特願2017-232870
特許情報2 発明の名称
粒子の捕捉技術及びその温度制御(出願準備中)
特許情報2 出願人
学校法人工学院大学
特許情報2 発明者
関 志朗、齊藤 貴洋
特許情報2 出願日
特許情報2 出願番号

お問い合わせ先

工学院大学 研究推進課

メールアドレス:sangaku@sc.kogakuin.ac.jp

電話:03-3340-3440   FAX:03-3342-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/collaboration/application.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop