Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 生命化学科

工学院大学 先進工学部 生命化学科

松野 研司 教授

Ⅰ型アレルギー疾患治療薬のシード化合物

ライフサイエンス
小間 L-17
プレ 0830-A-25

Kogakuin University Professor Kenji Matsuno

Heterocyclic compounds as potential agent for type I allergy

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-17
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-25
2019年8月30日(金)
会場A
12:50 - 12:55

共同研究者

京都薬科大学 薬学部
教授 田中 智之

展示概要

技術概要
Gタンパク質共役受容体GPR35の作動物質は、抗アレルギー剤として期待されています。しかしながら、既知の作動物質には、ヒト動物間に大きな種差があるため、医薬品開発を目指す上で大きな障害となっています。
この度、シード化合物として、種差の小さい、かつ、非臨床研究の成果を外挿しやすいGPR35作動活性を有する新規化合物を見出しました。本物質は、活性値が極めて強力(nMレベル)であり、また、組織を使った抗アレルギー活性も認められています。今後、医薬品へ進化可能と考えられます。

想定される活用例
・抗アレルギー薬
・GPR35が関係する各種疾患(炎症性腸疾患、Ⅱ型糖尿病、冠動脈石灰化など)の治療薬

 

展示のみどころ
強力な活性を有するGPR35アゴニストの構造式や薬理活性に関する情報をご覧いただけます。今回は特に、学会発表では公知にしていない情報に関して議論することが可能です。

特許情報

特許情報1 発明の名称
複素環化合物又はその塩、GPR35作動薬及び医薬組成物
特許情報1 出願人
学校法人工学院大学、国立大学法人岡山大学
特許情報1 発明者
松野研司、大野修、田中智之、古田和幸
特許情報1 出願日
2018/9/11
特許情報1 出願番号
PCT/JP2018/33694
特許情報2 発明の名称
GPR35作動薬(出願準備中)
特許情報2 出願人
学校法人工学院大学、国立大学法人岡山大学、学校法人京都薬科大学
特許情報2 発明者
松野研司、大野修、田中智之、古田和幸
特許情報2 出願日
特許情報2 出願番号

お問い合わせ先

工学院大学 研究推進課

メールアドレス:sangaku@sc.kogakuin.ac.jp

電話:03-3340-3440   FAX:03-3342-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/collaboration/application.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop