Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 工学院大学 先進工学部 応用物理学科

工学院大学 先進工学部 応用物理学科

森田 真人 特任助教

ナノサイズ試料の内部成分イメージングのためのエレクトロスプレー透析法

装置・デバイス
小間 M-21
プレ 0829-A-33

Kogakuin University Research Associate Morita Masato

Electrospray dialysis method for internal analysis/chemical analysis with sub micro scale.

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-21
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-33
2019年8月29日(木)
会場A
13:40 - 13:45

展示概要

技術概要
本技術は、エレクトロスプレーによって生成したナノ液滴化した溶媒を吹きかけることで、微小試料中の特定の成分を選択的に透析(粒子から分離)し、基板上に展開させることができると共に、様々な溶媒での透析と、SIMS等の表面分析法との組み合わせで、材料中のどこにどのような成分があったかを可視化することが可能です。溶媒を工夫すれば、単なる元素分布ではなく化学的な情報まで含めて可視化できるので、微小視野のケミカルイメージング技術としても期待されます。微粒子(PM2.5)からも特定の成分を分離検出することに成功しました。

想定される活用例
・PM2.5などの微粒子中の有害成分の可視化及び体内での挙動把握
・高分子材料や有機物の微小視野イメージング
・材料の微小視野での化学状態分析
・固/液界面における固体の劣化試験

 

展示のみどころ
今回の本技術の肝であるエレクトロスプレー透析装置の実機を展示し、かつ透析の実演も行います。また、透析前後での微粒子(PM2.5)などの変化を電子顕微鏡や二次イオン質量分析法によって観察した画像についても紹介させて頂き、より性能の良さを実感頂きます。

 

エレクトロスプレー透析法の原理の模式図 / Schematic of principle of electrospray dialysis method

大気微粒子のエレクトロスプレー透析前後のSEM像 / SEM images of aerosol particle before and after electrospray

特許情報

特許情報1 発明の名称
質量分析装置および質量分析方法
特許情報1 出願人
学校法人工学院大学、国立大学法人名古屋大学
特許情報1 発明者
坂本哲夫、富田英生、森田真人
特許情報1 出願日
2017/3/21
特許情報1 出願番号
特願2017-054691
特許情報2 発明の名称
エレクトロスプレー透析装置(出願準備中)
特許情報2 出願人
学校法人工学院大学
特許情報2 発明者
森田真人
特許情報2 出願日
特許情報2 出願番号

お問い合わせ先

工学院大学 研究推進課

メールアドレス:sangaku@sc.kogakuin.ac.jp

電話:03-3340-3440   FAX:03-3342-5304  

URL:https://www.kogakuin.ac.jp/research/collaboration/application.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop