Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 甲南大学 知能情報学部 知能情報学科

甲南大学 知能情報学部 知能情報学科

田中 雅博 教授

元気な人も病後の人も姿勢や動きを簡易に計測して健康維持

シニアライフ(高齢社会)
小間 A-04
プレ 0830-B-03

Konan University Professor Masahiro Tanaka

Health check and promotion system by measuring the posture and fitness for calisthenics and rehabilitation by using Kinect

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
シニアライフ(高齢社会)
小間番号
A-04
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-03
2019年8月30日(金)
会場B
10:40 - 10:45

展示概要

技術概要
センサ(キネクト)、PCと最小限のオプション機器による、3つの自動評価システムを展示します。
(1)ラジオ体操等
模範体操の動画とスケルトンが表示され、自分のモニタ画面と検知スケルトンを目で確認でき、また自動評価・採点します。
(2)SIAS(Stroke Impairment Assessment Set)
脳卒中後の機能評価で、理学療法士によるバイアス回避のため自動化します。
(3)FMS(Functional Movement Screen)
体が自由に動くかの客観的評価を自動化します。

想定される活用例
・新しい体操を覚える。
・SIASによる機能評価の自動化システムとして、理学療法士が用いる。
・体の動きの自動評価。ほかの評価モデルにも対応できる。
・特に、貸出して活用してもらう方法に活路がある。

 

展示のみどころ
普段着で行えるラジオ体操の際の体の関節角度をもとにした動きの評価システム、脳卒中後の機能評価法SIASを自動化したシステム、身体機能を表す特定のポーズをとったときの静止姿勢の評価法であるFMSの3種類の体の姿勢や動きを評価するシステムを、簡易なセンサーだけで実現しました。
体操評価は、ラジオ体操のように音楽をベースにしているものであれば、ほかのものにも容易に対応可能です。

 

ラジオ体操およびFMSの評価の様子 / Evaluating Radio Calisthenics and FMS

SIASの評価画面 / Screen Shots of Evaluating SIAS

お問い合わせ先

甲南大学 フロンティア研究推進機構

メールアドレス:officefront@ml.konan-u.ac.jp

電話:078-435-2559   FAX:078-435-2324  

URL:https://www.konan-u.ac.jp/front/contact/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop