Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 理学療法学科

神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 理学療法学科

浅井 剛 助教

人の健康状態を表す歩行状態のスコア化

装置・デバイス
小間 M-55

KOBE GAKUIN UNIVERSITY Assistant Professor Tsuyoshi Asai

Scoring system for human gait: human gait reflecting health condition

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-55

共同研究者

甲南女子大学 看護リハビリテーション学部
助教 三栖 翔吾

展示概要

技術概要
歩行は人の健康状態を映し出す鏡のような動作です。高齢者における歩行状態は骨折へと繋がる転倒や認知症リスクと関連することが知られており、その定量化は大きな課題でした。我々の開発したシステムは、小型センサにより歩行中の腰や足の動きをデータ化、波形処理、特徴毎のグループ化、サーバ上のデータを参照、スコア化し歩行状態の定量化を実現します。このスコアは高齢者の転倒リスク判定やリハビリテーションの効果判定に利用できるだけでなく、歩行者にエビデンスに基づく客観的目標を提供でき、健康社会の実現に貢献します。

想定される活用例
・介護予防事業における高齢者の歩行機能の定量化
・リハビリテーションにおける効果判定
・総合支援事業における健康教室の効果判定

 

展示のみどころ
介護予防を中心に健康産業に事業展開を検討中で独自の効果判定システムを導入したい方、ご相談ください。今までにない、歩行機能のスコアリングシステムについてご説明いたします。歩行以外の運動機能テストとの組み合わせによる体力診断についてもアドバイスいたします。

特許情報

特許情報1 発明の名称
歩行評価装置、歩行評価方法およびプログラム
特許情報1 出願人
神戸学院大学
特許情報1 発明者
浅井剛、三栖翔吾
特許情報1 出願日
特許情報1 出願番号
特願2019-047154

お問い合わせ先

神戸学院大学 研究支援センター 研究支援グループ

メールアドレス:kenkyu@j.kobegakuin.ac.jp

電話:078-974-4297   FAX:078-974-1758  

URL:https://www.kobegakuin.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop