Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 三重大学 大学院工学研究科 機械工学専攻

三重大学 大学院工学研究科 機械工学専攻

池浦 良淳 教授

人の負担を軽減するアシストシステムの開発

装置・デバイス
小間 M-40
プレ 0829-A-45

Mie University Professor Ryojun Ikeura

Development of assist devices for reducing the burden to human

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-40
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-45
2019年8月29日(木)
会場A
14:50 - 14:55

共同研究者

三重大学 大学院工学研究科
准教授 早川 聡一郎

展示概要

技術概要
人の負担を軽減する技術として,以下の技術を紹介します.
・運転支援システム:従来の運転支援に比べ,ドライバーにとって扱いやすい運転支援を行える技術です.
・シート負担軽減システム:長時間の運転による腰部の痛みを軽減するためのシート内蔵型装置に関する技術です.
・腰部支援装置:人の作業姿勢を支援し,特に腰痛などを引き起こす腰部の負担を軽減する装置に関する技術です.
・パワーアシスト装置:工場などで重量物を運搬する際に,重量物の負担を軽減しつつ,思った通りに物体を運搬できる装置の技術です.

想定される活用例
・車の運転支援システム
・長時間の着座用シート
・無理な作業姿勢の負担軽減
・重量物運搬システム

 

展示のみどころ
人間の負担を軽減する4件の技術紹介ですが,特に,パワーアシスト装置はすでに製品化しており,工場などの省力化に即座に適用可能です.また,シート負担軽減システム及び腰部支援装置は製品化に近い技術で,試験実験やサンプル提供も可能です.さらに,運転支援システムでは従来にない性能を持っています.展示では,これらの詳細な説明を行うとともに,これらの技術を使った作業の省力化のコンサルティングも致します.

 

作業中の腰の負担を軽減するアシスト装置

腰部の負担軽減装置 / Assist device for reducing the burden of waist

長時間の運転による腰部の痛みを軽減するためのシート内蔵型装置

シート負担軽減システム / Assist device for reducing the burden in sitting posture

特許情報

特許情報1 発明の名称
パワーシート装置
特許情報1 出願人
国立大学法人三重大学、住友理工株式会社
特許情報1 発明者
池浦良淳,早川聡一郎,後藤翔平,津田修平,伊藤宏太,早川知範
特許情報1 出願日
2013年2月10日
特許情報1 出願番号
2013-254856
特許情報2 発明の名称
パワーアシスト装置
特許情報2 出願人
国立大学法人三重大学,株式会社ジェイテクト
特許情報2 発明者
池浦良淳,加藤寛之,中村久
特許情報2 出願日
2004年4月21日
特許情報2 出願番号
2004-125049

お問い合わせ先

地域イノベーション推進機構 知的財産統括室

メールアドレス:chizai-mip@crc.mie-u.ac.jp

電話:059-231-5495   FAX:059-231-9743  

URL:http://www.crc.mie-u.ac.jp/chizai/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop