Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 埼玉大学 大学院 理工学研究科 物質科学部門

埼玉大学 大学院 理工学研究科 物質科学部門

松岡 浩司 教授

ペプチドアプタマーによるがんマーカー検出技術開発

ライフサイエンス
小間 L-14
プレ 0830-A-22

Saitama University Professor Matsuoka Koji

Development of Diagnostics for Cancer Marker by means of Peptide Aptamers

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-14
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-22
2019年8月30日(金)
会場A
12:35 - 12:40

共同研究者

埼玉大学 大学院理工学研究科
非常勤研究員 新井 秀直

埼玉大学 大学院理工学研究科
教授 根本 直人

展示概要

技術概要
がんマーカーとして知られているミッドカインに結合するペプチドアプタマーの創出とその物性評価に関する技術です。ミッドカインに結合するRNAアプタマーが知られていますが、分子量の小さなペプチドアプタマーでは初めての物質です。表面プラズモン共鳴分光法により物性評価を行ったところ、アプタマーの解離定数が約8 nMと算出できました。この値は抗体に匹敵します。今後、このペプチドアプタマーをリード化合物として多価化等による化学修飾を行います。その結果、活性の向上が見込まれ、抗体を凌駕できる可能性があります。

想定される活用例
・ELISA
・イムノクロマト
・DDS
・濃縮技術開発

 

展示のみどころ
本技術を支える科学技術体系の概要、及びアプタマーの改変技術、および、今後の実用化や展開の可能性についてポスター展示する。また、当研究室が産業界と対応できる技術分野として、①糖鎖合成、糖鎖クラスター化、②次世代抗体多価化技術に関しても、産業界と直接対話が出来る場を提供したい。

特許情報

特許情報1 発明の名称
ミッドカイン結合性ペプチドアプタマーおよびその使用
特許情報1 出願人
国立大学法人埼玉大学
特許情報1 発明者
松岡浩司 根本直人 新井秀直
特許情報1 出願日
2016年1月28日
特許情報1 出願番号
2016-14248

お問い合わせ先

埼玉大学 研究機構 オープンイノベーションセンター

メールアドレス:coic-sangaku@ml.saitama-u.ac.jp

電話:048-858-3849   FAX:048-858-9419  

URL:http://www.saitama-u.ac.jp/coalition/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop