Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 佐賀大学 理工学部 理工学科 電気電子工学部門

佐賀大学 理工学部 理工学科 電気電子工学部門

猪原 哲 准教授

水中プラズマによる大容量・高速水質浄化の進展

環境保全・浄化
小間 K-12
プレ 0829-B-60

Saga University Associate professor Satoshi Ihara

Progress of High speed purification of water with large volume using water plasma

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

6 安全な水とトイレ を世界中に
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-12
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-60
2019年8月29日(木)
会場B
16:20 - 16:25

展示概要

技術概要
生産現場では、1日当たり数10~数100トン規模で大量の廃水が排出されます。また、有害難分解性物質を含み、従来の水処理法では解決できない場合があります。本技術は、大量の廃水中の有機化合物や細菌をプラズマによって処理するものです。本技術では、排出される処理水に水中キャビテーション気泡を発生させ、その気泡群内に高電圧電極を設置してプラズマを生成します。この方法によって、外部からの原料ガスを供給することなく、低電圧(約1000V)で水中プラズマを生成させ,大量の廃水を短時間に処理できます。

想定される活用例
・工場排水の高速処理
・被災地現場での非常用造水装置
・船舶用バラスト水処理

 

展示のみどころ
展示にて処理装置の実演をします。簡単な装置で効率よくプラズマが作れることが実感できます。スケールアップによって,100トン/日の大量廃水の処理にも対応可能な装置です。さらに,低電圧でプラズマが発生でき高い安全性が確保できます。水質浄化だけでなく,新材料創出や材料改質にも可能性があります。

特許情報

特許情報1 発明の名称
液体処理装置及び液体処理方法
特許情報1 出願人
国立大学法人佐賀大学
特許情報1 発明者
牧野勉,猪原哲
特許情報1 出願日
2013年3月15日
特許情報1 出願番号
特願2013-053010
特許情報2 発明の名称
水処理装置
特許情報2 出願人
国立大学法人九州工業大学,国立大学法人佐賀大学
特許情報2 発明者
池英昭,吐合一徳,平林和也,猪原哲,山部長兵衛,玉川雅章
特許情報2 出願日
2009年8月21日
特許情報2 出願番号
特願2009-192298

お問い合わせ先

猪原哲

メールアドレス:iharas@cc.saga-u.ac.jp

電話:0952-28-8655   FAX:0952-28-8651  

URL:http://www.saga-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop