Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 佐賀大学 理工学部 理工学科 情報部門

佐賀大学 理工学部 理工学科 情報部門

中山 功一 准教授

腰がつらくて座れない?座圧軽減装具で腰の負担を軽減!

シニアライフ(高齢社会)
小間 A-06
プレ 0830-B-05

Saga University Associate professor Koichi Nakayama

Is the reason why you cannot sit down low back pain? A harness which decreases a seat pressure reduces a burden of waist.

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
シニアライフ(高齢社会)
小間番号
A-06
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-05
2019年8月30日(金)
会場B
10:50 - 10:55

展示概要

技術概要
腰を浮かせる座圧軽減装具は,ユーザの上半身の重量を,骨盤ではなく座面に伝えることで,腰やお尻への負担を軽減する健康器具です.装着したユーザが着座しているときの座圧を半分以下に軽減させることができます.また,ユーザは,立位時や歩行時などの着座していない状態においては,座圧軽減装具を装着したまま,任意の場所に移動できます.移動後に任意の座面に座った場合にも,同様の効果が得られます.座圧軽減装具を使って,腰やお尻にかかることで発生する不調の改善に取り組んでいます.

想定される活用例
・座って仕事をするデスクワーカー
・腰の負担に苦しむ高齢者
・お尻に不調を抱える方
・自力では座位の保持が大変な方

 

展示のみどころ
実際に座圧軽減装具を装着して座っていただき,腰がふわっと浮かぶ感覚を体験していただけます.また,座圧センサーの上に座っていただいて,腰にかかる負担がどのように軽減されているかを,数値でお見せすることができます.様々な体形が利用可能であることも,体験していただけます.

 

腰に装着し座圧軽減! フワット

フワット / FWAT

福祉機器コンテスト2018受賞作品

福祉機器コンテスト2018受賞作品 / Award

特許情報

特許情報1 発明の名称
座った状態において骨盤に伝わる上半身の重量を軽減する重量軽減装具
特許情報1 出願人
中山 功一
特許情報1 発明者
中山 功一 ,大島千佳
特許情報1 出願日
2017年10月5日
特許情報1 出願番号
特願2017-205613
特許情報2 発明の名称
重量軽減装具
特許情報2 出願人
国立大学法人佐賀大学,三惠工業株式会社
特許情報2 発明者
中山 功一,山城佑太,安田府佐雄
特許情報2 出願日
2018年12月27日
特許情報2 出願番号
特願2018-245012

お問い合わせ先

佐賀大学理工学部准教授:中山功一

メールアドレス:knakayama@is.saga-u.ac.jp

電話:0952-28-8597  

URL:http://www.saga-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop