Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 産業医科大学 産業保健学部 環境マネジメント学科

産業医科大学 産業保健学部 環境マネジメント学科

宮内 博幸 教授

化学物質の個人ばく露測定用シート状サンプラーの開発

医療
小間 W-35

University of occupational and environmental health, Japan Hiroyuki Miyauchi

Development of sampler sheets for monitoring personal exposure of chemicals

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-35

展示概要

技術概要
労働安全衛生法改正により化学物質リスクアセスメントが義務化され、労働者の健康を守るため個人暴露濃度測定による的確なリスクアセスメントが求められています。新たに開発した個人曝露測定用サンプラーは、活性炭素繊維の吸着層などの5層からなり、厚さ1mm、縦横3cmのシートで凹凸のない形状を有しています。重さは約0.5gと極く軽量で裏面には装用時に剥がれにくい接着層があり、作業衣や皮膚の上に貼るだけでガス状の有機化合物の捕集が可能です。本サンプラーを導入することでコストを抑えた作業環境管理が提供されます。

想定される活用例
・化学物質、放射性物質等の個人曝露測定用パッシブサンプラー
・室内環境中の化学物質濃度測定用の捕集器
・マスク、手袋及び衣服等の内部における化学物質濃度測定用サンプラー

 

展示のみどころ
新たに開発した個人曝露測定用サンプラーは、縦横3cmのサイズの5層のシート状で凹凸を有さない形状です。重さは約0.5gと極く軽量で、作業衣や皮膚の上に貼るだけでサンプリングが可能になりました。展示ブースでは、シート状サンプラーの試作品を展示するとともに、パネルでは、この試作品を用いてこれまでに実施された研究成果をご紹介します。シート状サンプラーは、実際に手にとってご覧になることができます。

 

開発したシ-ト状サンプラーの写真 / Photograph of the developed sampler sheets

化学防護服へ装着した開発されたシ-ト状サンプラー / Developed sampler sheets putted on chemical protective clothing

特許情報

特許情報1 発明の名称
有機溶剤の捕集器ならびに捕集方法、および有機溶剤量の測定方法
特許情報1 出願人
産業医科大学
特許情報1 発明者
宮内博幸
特許情報1 出願日
2019年2月5日
特許情報1 出願番号
特願2018-018326

お問い合わせ先

産業医科大学 研究支援課 産学連携係

メールアドレス:chizai@mbox.pub.uoeh-u.ac.jp

電話:093-280-0532   FAX:093-691-7518  

URL:https://www.uoeh-u.ac.jp/IndustryCooperation/sangaku/company.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop