Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 芝浦工業大学 工学部 材料工学科

芝浦工業大学 工学部 材料工学科

芹澤 愛 准教授

水蒸気を利用したアルミニウム合金上への多機能性皮膜創製技術

低炭素・エネルギー
小間 E-11
プレ 0830-B-34

Shibaura Institute of Technolgy Associate Professor Ai Serizawa

Surface treatment technology for creating multifunctional heterostuructured film on Al alloys

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-11
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-34
2019年8月30日(金)
会場B
13:45 - 13:50

展示概要

技術概要
軽金属材料は、これからのマルチマテリアル化社会において重要となる軽量な構造材料として多用されるため、高強度かつ高耐食性が要求される。本技術は、高圧・中低温の水蒸気下にさらすだけで材料の強度と耐食性を同時に向上させる世界初のプロセスである。複雑形状部材や大型部材にも適用可能であるため、自動車材料や熱交換器への適用が期待できる。クリーンな水蒸気のみを利用するエコなプロセス、これまでにない軽金属材料の強度と耐食性の同時向上が実現、複雑形状や大型部材にも適用可能であることがアドバンテージである。

想定される活用例
・自動車材料
・熱交換器
・アルミニウム合金製チャンバー(半導体製造装置など)
・アルミニウム合金製セパレータ(燃料電池など)

 

展示のみどころ
従来とは異なる新しい簡便なプロセスによる高機能性材料創製技術を紹介する。本展示会では、水蒸気を用いて材料を高強度化かつ高耐食化、さらにはプラスαの機能を付与するための技術について展示し、その性能やメカニズム、付随した様々な特性についても説明する。低環境負荷な新規表面処理技術、あるいは1プロセスで完了する多機能化技術として、様々な構造材料への実装を実現したい。

特許情報

特許情報1 発明の名称
水蒸気を用いたアルミニウム合金の高強度化法と表面処理方法およびその高耐食性と形態制御性を有する皮膜被覆高強度部材
特許情報1 出願人
芝浦工業大学
特許情報1 発明者
芹澤愛、石﨑貴裕
特許情報1 出願日
2018年5月24日
特許情報1 出願番号
特願2018-100023
特許情報2 発明の名称
耐食性及び強度に優れたアルミニウム合金材及びその製造方法
特許情報2 出願人
芝浦工業大学
特許情報2 発明者
芹澤愛、石﨑貴裕
特許情報2 出願日
2018年6月29日
特許情報2 出願番号
PCT/JP2018/024880
特許情報3 発明の名称
高強度と高耐食性を有するアルミニウム合金材及びその製造方法、並びに、アルミニウム合金材の表面処理方法
特許情報3 出願人
芝浦工業大学
特許情報3 発明者
芹澤愛、石﨑貴裕
特許情報3 出願日
2017年2月2日
特許情報3 出願番号
特願2017-565624号

お問い合わせ先

芝浦工業大学 研究推進室 研究企画課 片野

メールアドレス:sangaku@ow.shibaura-it.ac.jp

電話:03-5859-7195   FAX:03-5859-8661  

URL:https://www.shibaura-it.ac.jp/research/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop