Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 島根大学 地域未来協創本部 地域医学共同研究部門

島根大学 地域未来協創本部 地域医学共同研究部門

中村 守彦 教授

地域救急医療を総合支援する情報通信ネットワークシステム

医療
小間 W-30
プレ 0829-B-43

Shimane University Professor Morihiko Nakamura

The information communication network system to support local emergency care

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-30
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-43
2019年8月29日(木)
会場B
14:40 - 14:45

共同研究者

島根大学 医学部
教授 渡部 広明

展示概要

技術概要
本発明の技術思想は都市部ではない地域における円滑な医療連携です。その大きな特徴は、「入力音声のテキスト化」と「コールバック」です。テキストベースにより、太くない回線状況でも搬送先病院は、到着前から要救護者への処置経緯等について動的な把握が可能です。また、コールバックにより、テキスト化された内容を再度音声出力することにより、適正に音声入力されたかを救急隊員自身が把握可能です。また、薬剤投与など所定の処置内容は、合成音声により注意喚起され失念なく指示指導医師への報告を可能にします。

想定される活用例
・都市部とは異なり、電波事情の悪い中山間地域を対象とする救急医療の支援
・特に病院前救護の支援
・救急車、ドクターカーなどでの活用
・搬送先病院および消防本部との医療連携
・医療画像送信との併用

 

展示のみどころ
・ハンズフリーマイクによる音声認識技術を公開・体験
・救急医療用アプリケーション「現場マネージャーくん」を公開
・救急医療用の辞書内容を公開
・当該特許を活用した地域救急医療システムをディスプレイ展示

 

救急医療用ハンズフリー音声認識システム / Hands-free voice recognition system for emergency care

特許情報

特許情報1 発明の名称
救急医療における情報通信ネットワークシステム
特許情報1 出願人
島根大学
特許情報1 発明者
中村守彦、橋口尚幸、四郎丸功
特許情報1 出願日
2012年1月25日:2017年1月13日(登録査定)
特許情報1 出願番号
特願2012-013088
特許情報2 発明の名称
採血デバイス及び採血キット
特許情報2 出願人
島根大学、JMS
特許情報2 発明者
藤原稔也、仁科雅良、中村守彦、林裕馬
特許情報2 出願日
2016年8月23日
特許情報2 出願番号
特願2016-163079

お問い合わせ先

島根大学 地域未来協創本部 地域医学共同研究部門

メールアドレス:cmrc@med.shimane-u.ac.jp

電話:0853-20-2912   FAX:0853-20-2913  

URL:https://www.med.shimane-u.ac.jp/CMRC/index2.htm

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop