Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 就実大学 薬学部 薬学科

就実大学 薬学部 薬学科

森山 圭 准教授

分光分析を利用した調剤支援装置の開発

医療
小間 W-32
プレ 0829-B-45

Shujitsu University Associate Professor Moriyama Kei

Development of Pharmaceutical Verification Devices Based on Spectroscopic Analysis

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-32
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-45
2019年8月29日(木)
会場B
14:50 - 14:55

展示概要

技術概要
病院・薬局で薬剤師が調剤した医薬品の最終確認(調剤監査)は目視に頼らざるを得ない状況であり、これは薬剤師に大きな心理的圧力を与えています。当研究室では、各種剤形の医薬品について、非破壊・非接触にラマンスペクトルあるいは近赤外スペクトル測定を行い、これをスペクトルデータベースと照合することで、処方せん通りの調剤となっているかを確認する小型装置の基本技術を開発しました。この装置により薬剤師が抱える調剤監査に関わる心理的圧力を軽減し、薬剤師がより対人業務に集中できる環境を形成したいと考えています。

想定される活用例
・散薬調剤監査の支援装置
・患者持参薬など未知医薬品の同定支援装置
・輸液内容物の判別および異物混入チェック装置
・散薬分包機組み込みのリアルタイム定量装置
・違法薬物特定装置
 など

 

展示のみどころ
散薬監査支援装置の試作機を展示しデモ解析を行います。目視では判別がつかない粉薬を分光分析で判別します。混合散薬の混合比率の間違いを見分けることも可能です。測定データをデータベースに反映させて学習させ、測定するごとに照合精度が向上する仕組みを導入しています。デモ解析でこのあたりにポイントを置いて実演します。

 

散薬監査支援装置(試作機) / Prototype device for verification of powder formulations

特許情報

特許情報1 発明の名称
医薬品特定装置および方法
特許情報1 出願人
学校法人就実学園
特許情報1 発明者
森山 圭
特許情報1 出願日
平成30年11月17日
特許情報1 出願番号
特願2018-216065

お問い合わせ先

就実大学薬学部

メールアドレス:moriyama@shujitsu.ac.jp

電話:086-271-8155  

URL:http://moriyamalab.com

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop