Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 千葉大学 大学院理学研究院 化学研究部門

千葉大学 大学院理学研究院 化学研究部門

坂根 郁夫 教授

ミリスチン酸摂取による2型糖尿病リスク低減

シニアライフ(高齢社会)
小間 A-01
プレ 0830-B-01

Chiba University Professor Fumio Sakane

Risk reduction of type 2 diabetes by myristic acid intake.

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
シニアライフ(高齢社会)
小間番号
A-01
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-01
2019年8月30日(金)
会場B
10:30 - 10:35

展示概要

技術概要
ミリスチン酸が2型糖尿病モデルマウスで2型糖尿病(高血糖)に対する顕著な効果を示すことを実証しました(論文1〜3).ミリスチン酸を含有した食品(食用油等)またはサプリメントにより糖尿病のリスクを大きく低減することが出来ると考えます.科学的根拠に基づいた2型糖尿病を予防・治療する食品・サプリメントは少なく,あったとしても,腸からの栄養の吸収を抑えるもの等,本研究の作用機構とは異なり,併用も可能です.ミリスチン酸が自然界に存在する食品なので,安全性の面でも優位性を持ちます.

想定される活用例
・2型糖尿病の予防と治療に効果のある特定の脂肪酸(ミリスチン酸)を添加した食品(食用油等)や充填したサプリメント.

 

展示のみどころ
PCを使って,研究成果を視覚的に紹介する.分かり易い図を使って説明し,ミリスチン酸が2型糖尿病モデルマウスで2型糖尿病(高血糖値)に対して劇的な効果があり,2型糖尿病のリスクを低減する画期的な夢の健康食品として有望なことを示す.また,健康食品の具体例も提示する.

特許情報

特許情報1 発明の名称
糖尿病予防・治療用医薬組成物,血糖値改善用食品組成物,及び,糖尿病の予防・治療方法
特許情報1 出願人
国立大学法人千葉大学
特許情報1 発明者
坂根郁夫
特許情報1 出願日
平成29年4月28日
特許情報1 出願番号
特願2017-090872

お問い合わせ先

国立大学法人千葉大学 研究推進部 産学連携課

メールアドレス:beg3605@office.chiba-u.jp

URL:https://www.ccr.chiba-u.jp

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop