Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 中央大学 総合政策学部  

中央大学 総合政策学部  

平野 廣和 教授

水を注ぐだけの制振技術

防災
小間 D-03
プレ 0830-B-55

Chuo University Prof. Hirano Hirokazu

Damping Technology Just Pouring Water - Development of New Type Tuned Liquid Damper -

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
防災
小間番号
D-03
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-55
2019年8月30日(金)
会場B
15:50 - 15:55

展示概要

技術概要
容器内の減衰特性を付加するために我々研究グループが、東北地方太平洋沖地震や熊本地震等で多数発生した貯水槽のスロッシング被害を防ぐための制振装置として開発した浮体式波動抑制装置(通称:「タンクセーバ波平さん」®)を用い、常時揺れている構造物を制振するための制振装置を開発しました。この制振装置を高速道路上に設置されている情報板支柱の内部に設置した所、容器に水を注ぐだけで減衰定数が約3.5倍となり、十分な制振効果を発揮しました。これにより柱の疲労強度の向上を図ることが可能となりました。

想定される活用例
・風や交通振動等で揺れ易くかつ比較的背の高い構造物の制振装置に効果を示す。
・振動加速度が小さい揺れから制振効果を発揮する。
・貯水槽の耐震性向上のために開発した技術を構造物の制振に応用。

 

展示のみどころ
小型振動台を持ち込み、これに制振装置を模擬した二つ矩形アクリル製水槽を設置し、一方の水槽に浮体式制振装置を入れます。この水槽のスロッシング固有振動数で加振することで本制振装置の有効性を見学者の前で判るようにします。機械的駆動部が無いので比較的低い加速度レベルから発揮すること、構造が簡単であるので比較的小型化できること、メンテナンスが容易であること、水を使うことで経済性に優れている等を示します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
スロッシングを制振する制振装置及び制振方法
特許情報1 出願人
(学)中央大学,(株)十川ゴム,(株)エヌ・ワイ・ケイ
特許情報1 発明者
平野廣和,井田剛史,河田彰,石川友樹
特許情報1 出願日
2014年2月5日
特許情報1 出願番号
特願2014-20799
特許情報2 発明の名称
制振装置
特許情報2 出願人
(学)中央大学,(株)十川ゴム,(株)エヌ・ワイ・ケイ
特許情報2 発明者
平野廣和,井田剛史,河田彰,石川友樹
特許情報2 出願日
2016年8月22日
特許情報2 出願番号
特願2016-162058

お問い合わせ先

中央大学 研究支援室

メールアドレス:clip@tamajs.chuo-u.ac.jp

電話:03-3817-1603   FAX:03-3817-1677  

URL:https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/form/?id=120

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop