Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域

筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域

金子 暁子 准教授

マイクロバブルの利活用と流体計測技術の新展開

ナノテクノロジー
小間 N-04
プレ 0829-A-01

University of Tsukuba Associate Professor Akiko Kaneko

Low environmental impact cleaning with microbubble and medical flow measurement technology

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-04
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-01
2019年8月29日(木)
会場A
10:30 - 10:35

共同研究者

筑波大学 システム情報系
教授 阿部 豊

展示概要

技術概要
ベンチュリ管式微細気泡発生装置を用いた環境負荷低減型洗浄技術を提案しています。一つはオゾンマイクロバブルによるめっき加工の前処理である脱脂洗浄技術です。オゾンによる酸化作用と気泡流のせん断応力の組み合わせにより高い洗浄効果が得られます。この微細気泡発生装置は気泡の微細化のみならず、粉体の微粒化にも成功しています。これを濁水処理にて用いられる凝集剤の微粒化に応用しています。
呼吸器外科においては、気胸の際の胸腔ドレナージは極めて重要な治療法であり、患者の胸腔から漏れ出る空気の流量はその症状の重症度を示す指標となります。圧力変動を利用してドレナージにおける気相流量に成功しました。

想定される活用例
・各種洗浄工程及び液体、気体を利用する生産工程
・光学機器加工産業、電子機器製造産業、精密機械加工産業
・患者のドレーン流量のモニター
・手術の要否や退院の可否判断が明確化
・より効果的な治療方針の決定

 

展示のみどころ
ベンチュリ管式マイクロバブル発生装置のデモンストレーション

 

ベンチュリ管内を通過し微細化する気泡 / Micro-bubble generation via a Venturi tube

特許情報

特許情報1 発明の名称
気体流量算出装置、気体流量測定システム、気体流量算出方法およびプログラム
特許情報1 出願人
国立大学法人筑波大学
特許情報1 発明者
岩上聖, 酒井光昭, 金子暁子, 阿部豊
特許情報1 出願日
2017年9月14日
特許情報1 出願番号
特願2017-177106

お問い合わせ先

筑波大学国際産学連携本部 産学連携URA 木村亨

メールアドレス:kimura.toru.ff@un.tsukuba.ac.jp

電話:029-859-1493   FAX:029-859-1693  

URL:http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~abe/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop