Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 筑波大学 数理物質系 物質工学域

筑波大学 数理物質系 物質工学域

近藤 剛弘 准教授

軽くて使いやすい新しい水素貯蔵材料:ボロファン

ナノテクノロジー
小間 N-05
プレ 0829-A-02

University of Tsukuba Associate Professor Takahiro Kondo

New two-dimensional material "borophane", light and useful material for hydrogen storage

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-05
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-02
2019年8月29日(木)
会場A
10:35 - 10:40

展示概要

技術概要
二ホウ化マグネシウムに含まれるマグネシウムの正イオンを水素(H)の正イオン(プロトン)と交換することで、水素とホウ素のみで構成される新しい二次元物質が、室温・大気圧下という温和な条件で生成することを見出しました。負に帯電したホウ素の二次元シート骨格とプロトンとで構成され、H:B=1:1の組成比であるため「ホウ化水素シート」と名付けました。ホウ化水素シートは150~1200°Cの幅広い温度範囲で水素分子を放出するため、水素吸蔵材料、固体燃料、固体酸触媒、電子材料、還元剤として応用が期待できます。 

想定される活用例
・水素貯蔵材料
・固体酸触媒
・電子材料
・還元剤

 

展示のみどころ
未発表の興味深い研究結果も含めて実質的な研究展開案を相談します。

 

簡便なボロファンの生成方法 / Production method of borophane

お問い合わせ先

筑波大学数理物質系物質工学域 近藤剛弘

メールアドレス:takahiro@ims.tsukuba.ac.jp

電話:029-853-5934  

URL:http://www.ims.tsukuba.ac.jp/~kondo_lab/indexj.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop