Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 東海大学 工学部 応用化学科

東海大学 工学部 応用化学科

秋山 泰伸 教授

エジプシャンブルー陶器の新材料およびその製法

マテリアル・リサイクル
小間 Z-11

Tokai University Professor Yasunobu Akiyama

New material and manufacturing method of Egyptian blue pottery

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-11

共同研究者

東海大学 文化社会学部
准教授 山花 京子

展示概要

技術概要
考古学分野では失われた技術であった、古代エジプトのエジプシャンブルーを持つファイアンス(焼き物)の再現に成功しました。精密な組成分析を駆使した検討により、製造技術を復活させました。この技術は大英博物館等に展示物されている陶器の修復だけでなく、新たな特徴を持つ陶器の民生化に繋がるものです。
復活したファイアンスは粘土を使用しない石英を主成分とする焼き物で、ガラス同等の硬度と陶磁器並みの成形性を持ち、内部が多孔質のため軽量であり、エジプシャンブルーの調度品・装飾品・食器等に活用が期待されます。

想定される活用例
・美術品作製用新規材料
・陶磁器代替品の作製
・美術館収蔵品のレプリカ作製
・ノベルティグッズやお土産品などの作製

 

展示のみどころ
本法で実際に作製したファイアンス(焼結石英)を、来場者が手に持って触れる状態で展示する。また、具体的なファイアンスの製造過程について、動画で紹介する。

 

再現したカバのファイアンス / Reproduced faience (Hippo)

再現したファイアンス製のカノプス壺 / Reproduced faience (canopic jar)

特許情報

特許情報1 発明の名称
焼結石英の製造方法、焼結石英および粉体組成物
特許情報1 出願人
学校法人東海大学
特許情報1 発明者
秋山泰伸、山花京子
特許情報1 出願日
2018年4月6日
特許情報1 出願番号
特願2018-073792

お問い合わせ先

東海大学 研究推進部 産官学連携推進課

メールアドレス:sangi01@tsc.u-tokai.ac.jp

電話:0463-59-4364   FAX:0463-58-1812  

URL:https://www.u-tokai.ac.jp/research/contact/contact_address/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop