Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 東京電機大学 未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科

東京電機大学 未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科

藤川 太郎 准教授

蝶をモデルとした小型はばたきロボット

防災
小間 D-04
プレ 0830-B-56

Tokyo Denki University Associate Professor Fujikawa Taro

Butterfly-style flapping robot

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
防災
小間番号
D-04
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-56
2019年8月30日(金)
会場B
16:00 - 16:05

展示概要

技術概要
アゲハチョウの飛翔メカニズムを解析し,蝶と同様に10Hz程度のはばたきで飛翔する掌サイズの小型はばたきロボットを開発した。
アクチュエータの回転をスライダ・クランク機構を通して下部ボディの上下往復運動に変換し、これにより、翅を動かすための飛翔筋肉を模した弾性体リンクに「たわみ」と「ねじれ」を生じさせることでフラッピング運動とリード・ラグ運動を1自由度で実現している。飛翔時にはこれらの運動を制御することで省自由度での姿勢制御が可能となる。翅を広げた状態で滑空飛行ができることも大きな特徴である。

想定される活用例
・災害時の観測システム、空港などの大型施設での設備点検(情報収集端末)
・農林:花粉交配用昆虫の代用
・医療、福祉における「ひらひら舞う動作による癒やし」

 

展示のみどころ
・動画および実演による飛翔デモ。
・小型はばたきロボットのサイズ、重量、動作の体験。
・弾性体リンクによる「撓み:フラッピング運動」と「捩れ:リード・ラグ運動」の機構および飛翔メカニズムの説明。

 

開発中の小型はばたきロボット

開発中の小型はばたきロボット

特許情報

特許情報1 発明の名称
羽ばたき飛行機
特許情報1 出願人
学校法人東京電機大学
特許情報1 発明者
藤川 太郎
特許情報1 出願日
2017年3月9日
特許情報1 出願番号
特願2017-045495
特許情報2 発明の名称
羽ばたき飛行機
特許情報2 出願人
学校法人東京電機大学
特許情報2 発明者
藤川 太郎,菊池 耕生(千葉工業大学)
特許情報2 出願日
2017年3月9日
特許情報2 出願番号
特願2017-045496

お問い合わせ先

東京電機大学 研究推進社会連携センター 産官学交流センター

メールアドレス:crc@jim.dendai.ac.jp

電話:03-5284-5225   FAX:03-5284-5242  

URL:https://www.dendai.ac.jp/crc/tlo

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop