Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 同志社大学 理工学部 機能分子・生命化学科

同志社大学 理工学部 機能分子・生命化学科

加藤 将樹 教授

固体化学的手法による高機能熱電材料の開発

低炭素・エネルギー
小間 E-30
プレ 0830-B-43

Doshisha University Professor Masaki Kato

Synthesis and physical properties of thermoelectric materials with higher figure of merit

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-30
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-43
2019年8月30日(金)
会場B
14:40 - 14:45

展示概要

技術概要
熱電変換無次元性能指数(ZT)が1に迫るような高機能熱電材料を開発しました。
コバルト酸化物Na0.7CoO2は、層状結晶構造に由来する高いp型熱電特性を示すことが知られていますが、材料の実用化に向けてさらなる熱電特性の向上が求められています。我々のグループでは、このNa0.7CoO2において、固体化学的な元素置換法やパルス通電加圧焼結法を用いて、Na0.7-xCaxCoO2を合成し、層状構造およびCo価数の変化と物性との関連を詳細に評価することを目的とした研究を行なっています。

想定される活用例
・p型材料として熱電変換デバイスの作成
・デバイス作成まで実現できれば、廃熱再利用や、新たな再生エネルギー利用

 

展示のみどころ
Na0.7CoO2のNaイオンサイトにCaイオンをドープすることで層内の磁性や電導性を制御することにより、さらなる熱電特性の向上が期待されます。またパルス通電加圧焼結を行う前に試料を金箔で包むなど、様々な合成法の工夫を行いました。展示では各プロセスにおける特性の変化を詳細に示し、本技術の特異性、優位性を詳細に説明します。

 

本研究の目的 / Purpose of this study

元素置換による無次元性能指数の向上 / Enhancement of ZT achieved by elemental substitution

特許情報

特許情報1 発明の名称
熱電素子及びその製造方法
特許情報1 出願人
学校法人同志社
特許情報1 発明者
加藤将樹,廣田健,稲垣浩
特許情報1 出願日
2018年11月19日
特許情報1 出願番号
特願2018-211021

お問い合わせ先

同志社大学リエゾンオフィス

メールアドレス:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp

電話:0774-65-6223   FAX:0774-65-6773  

URL:https://kikou.doshisha.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop