Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻

東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻

宮本 浩一郎 准教授

超音波内視鏡用 アンカー器具製品開発

医療
小間 W-06
プレ 0829-B-28

Tohoku University Associate Professor Koichiro Miyamoto

Novel anchoring device for endoscopic ultrasonography

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-06
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-28
2019年8月29日(木)
会場B
13:10 - 13:15

共同研究者

仙台厚生病院 消化器内科
部長 奥薗徹

展示概要

技術概要
胆嚢炎は国内で年間10万人が治療を受けており、世界ではその100倍以上の患者が見積もられます。現在は侵襲性の高い外科的治療が主に行われていますが、患者の入院が長期化してしまい、これは病院・医師・患者それぞれにとって不利益となっています。
 そこで、我々は新規の胆嚢炎の標準治療を実現するキーデバイスとして、アンカー器具を提案しています。このアンカー器具が上市されれば、消化器内視鏡を用いた胆嚢―十二指腸バイパス術によって穏和で低侵襲な処置が実現します。

想定される活用例
・胆嚢炎治療
・胆石除去
・胃-空腸バイパス術

 

展示のみどころ
国内で年間10万件の症例がある胆嚢炎に新しい治療法を提案する、超音波内視鏡用の新規アンカー器具の展示を行います。工学部(電子工学)と臨床医がチームを組み、新たなデバイスを開発しました。

お問い合わせ先

宮本浩一郎

電話:022-795-7075  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop