Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 鳥取大学 医学部 保健学科

鳥取大学 医学部 保健学科

大栗 聖由 助教

試して実感、脳波検査って難しい!!脳波検査練習用シミュレータ

医療
小間 W-29
プレ 0829-B-42

Tottori University Assistant professor Masayoshi Oguri

- We can do it - An educational simulation of electroencephalogram

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

4 質の高い教育を みんなに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
医療
小間番号
W-29
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-42
2019年8月29日(木)
会場B
14:35 - 14:40

共同研究者

鳥取大学医学部附属病院 新規医療研究推進センター
准教授 上原 一剛

展示概要

技術概要
現在、脳波教育の現場で脳波検査教育に活用できるシミュレータは存在ませんでした。そのため、脳波実習は教員の指導のもと学生同士で行っていました。また、脳波判読能力養成のための統一された学習モデルは開発されていません。本ツールは脳波教育での課題を解決するツールであり、これにより脳波教育を効率的かつ正確に行うことが可能です。今後、脳波検査を行う教育機関や学会などで脳波検査練習用シミュレータとして普及させることで、統一した教育カリキュラムを確立し、脳波検査の精度や正診率の向上に寄与できることを目指します。

想定される活用例
・医療教育機関における脳波教育への活用
・学会や講習会への活用
・様々な研究機関における脳波初心者への練習ツールとしての活用
・脳波検査練習用の方法として基準となる方法になり得る

 

展示のみどころ
会期中に、実際に本開発ツールである脳波検査練習用シミュレータに触れて頂き、脳波検査の難しさを体験することができます。また、実際の人の脳波を表示するため、どのように脳波を判読して電極が正常に装着できたか確かめることもできます。この会期を通して、是非脳波検査の難しさや脳波判読の楽しさを感じてください。

 

脳波検査練習用シミュレータ

特許情報

特許情報1 発明の名称
システム、情報処理装置及びプログラム
特許情報1 出願人
国立大学法人鳥取大学
特許情報1 発明者
大栗 聖由、植木 賢、上原 一剛、西山 正志 、廣岡 保明、前垣 義弘
特許情報1 出願日
2018/8/22
特許情報1 出願番号
2018-155752

お問い合わせ先

国立大学法人鳥取大学研究推進機構

メールアドレス:sangakucd@ml.cjrd.tottori-u.ac.jp

電話:0857-31-5703   FAX:0857-31-5571  

URL:https://www.tottori-u.ac.jp/5393.htm

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop