Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 応用化学・生命工学系

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 応用化学・生命工学系

山田 剛史 講師

生分解性プラスチックを用いた陸上養殖のための水質浄化技術

環境保全・浄化
小間 K-07

Toyohashi University of Technology Yamada Takeshi

A water treatment technology for land culture systems using biodegradable plastics

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

6 安全な水とトイレ を世界中に
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
環境保全・浄化
小間番号
K-07

展示概要

技術概要
閉鎖循環式陸上養殖における課題の1つとして、水槽内の水の浄化処理が挙げられます。閉鎖循環式陸上養殖の水質浄化には、NH4-N処理の他、NO3-NやNO2-N処理を行う必要があります。本技術は、NO3-NやNO2-N処理を行う微生物を高密度に生育・保持できる多孔質生分解性プラスチック(ポリ乳酸ペレット)を紹介します。本多孔質ペレットにより、水質浄化に欠かせない脱窒菌をペレット細孔内に増殖させることができました。この結果、閉鎖循環式陸上養殖における高速・高効率なNO3-NやNO2-N処理が可能となりました。

想定される活用例
・陸上養殖における水質浄化
・水族館等における水質浄化
・観賞用魚類の水槽における水質浄化
・地下水の水質浄化

 

展示のみどころ
・生分解性プラスチックに開けられた細孔で繁殖する微生物の写真を展示します。
・展示パネルおよびパソコンにより、細孔で繁殖する微生物と硝酸除去の関係を分かり易く説明します。

 

重量平均分子量の異なるポリ乳酸ペレットとポリ乳酸多孔質ペレットを用いた硝酸除去速度の変化(赤: ポリ乳酸ペレット、青: ポリ乳酸多孔質ペレット)。 / Changes in nitrate removal rate using poly(L-lactic acid) pellets and poly(L-lactic acid) porous pellets of different weight-average molecular weights (red: poly(L-lactic acid) porous pellets, blue: poly(L-lactic acid) pellets).

微生物付着前後のポリ乳酸多孔質ペレット表面の電子顕微鏡写真 (A: 微生物付着前、B: 微生物付着後)。 / Scanning electron microphotographs of poly(L-lactic acid) porous pellet surface before and after microbial adhesion (A: before microbial adhesion, B: after microbial adhesion).

特許情報

特許情報1 発明の名称
ポリ乳酸多孔質化ペレット及びその製造方法
特許情報1 出願人
国立大学法人 豊橋技術科学大学
特許情報1 発明者
山田剛史、向島誠貴、平石 明、辻 秀人、荒川優樹
特許情報1 出願日
2016年 2月 3日
特許情報1 出願番号
特願2016-019361

お問い合わせ先

研究推進アドミニストレーションセンター

メールアドレス:tut-sangaku@office.tut.ac.jp

電話:0532-44-6975  

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop