Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 名古屋工業大学 工学研究科 社会工学専攻 建築・デザイン分野

名古屋工業大学 工学研究科 社会工学専攻 建築・デザイン分野

伊藤 洋介 准教授

高効率かつ迅速に融雪できる電波式融雪装置

防災
小間 D-06
プレ 0830-B-58

Nagoya Institute of Technology Associate Professor Ito Yosuke

High efficiency snow melting device using electromagnetic waves

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
防災
小間番号
D-06
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-58
2019年8月30日(金)
会場B
16:10 - 16:15

共同研究者

名古屋工業大学 大学院工学研究科 社会工学専攻 建築デザイン分野
教授 河辺 伸二

展示概要

技術概要
住戸の敷地内通路は除雪車で除雪できません。除雪作業は高齢者に負担が大きく、外出行動を阻害します。融雪装置で省力化できますが、従来用いられる電熱線方式は電熱線を避けるため、発熱部分を地中深くに埋め込む必要があり、ランニングコストが高くなります。散水方式は地下水汲み上げによる地盤沈下、融雪剤方式は塩害が問題です。本研究の融雪装置は電波で直接ブロックの表面を暖めるため、電熱線よりランニングコストが安く、迅速に融雪が行える他、産業副産物の電気炉酸化スラグの特性を活用するため、環境にやさしい融雪装置です。

想定される活用例
・各住戸の玄関から道路までの融雪装置として用います。
・一般道路の歩道にも使用できます。
・屋根融雪などへの転用も検討できます。

 

展示のみどころ
研究PR用に特別に制作された動画で、専門外の方にも楽しく理解いただけるプレゼンテーションを行います。
融雪用発熱モルタルブロックの試作品に触れることもできます。重さなどを実際に体感いただけるので、融雪用発熱モルタルブロックのイメージがより掴みやすくなっています。

 

電波式融雪装置 / Snow melting device by electromagnetic waves

融雪状況 / Snow melting situation

お問い合わせ先

国立大学法人名古屋工業大学 産学官金連携機構

メールアドレス:c-socc@adm.nitech.ac.jp

電話:052-735-5627   FAX:052-735-5542  

URL:https://tic.web.nitech.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop