Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 名古屋市立大学 大学院薬学研究科 医療機能薬学専攻

名古屋市立大学 大学院薬学研究科 医療機能薬学専攻

坡下 真大 講師

血管障害を伴う疾患の再生医療基盤技術

ライフサイエンス
小間 L-40
プレ 0830-A-40

Nagoya City University Tadahiro Hashita

The regenerative medicine technology for vascular disorders.

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-40
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-40
2019年8月30日(金)
会場A
14:20 - 14:25

展示概要

技術概要
これまでiPS細胞から血管内皮前駆細胞を作製するには煩雑な培養方法が必要でしたが、今回我々は非常に簡便な方法で純度の高い血管内皮前駆細胞をxeno-free条件下にて作製することに成功しました。さらに、血管内皮前駆細胞を長期間に渡って自己増殖することができる化合物についても発見いたしました。
 さらに、既存の方法で作製しましたiPS細胞由来脳毛細血管内皮細胞のタイトジャンクション機能を長期間に渡って維持する化合物についても発見いたしました。

想定される活用例
・血管障害を伴う疾患に対する再生医療
・創薬研究や薬物動態研究における血液脳関門モデルの構築

 

展示のみどころ
純度の高いiPS細胞由来血管内皮前駆細胞をxeno-free条件下で作製できており、化合物によって長期間自己増殖できている結果を展示しております。また、iPS細胞由来脳毛細血管内皮細胞のタイトジャンクション機能が長期間維持されている結果についても展示しております。

特許情報

特許情報1 発明の名称
血管内皮前駆細胞の調製方法
特許情報1 出願人
公立大学法人名古屋市立大学
特許情報1 発明者
坡下真大 他
特許情報1 出願日
2017/1/11
特許情報1 出願番号
特開2018-110548
特許情報2 発明の名称
血管内皮前駆細胞の調製及び拡大培養
特許情報2 出願人
公立大学法人名古屋市立大学
特許情報2 発明者
坡下真大 他
特許情報2 出願日
2019/3/6
特許情報2 出願番号
未公開
特許情報3 発明の名称
多能性幹細胞から脳毛細血管内皮細胞への分化誘導方法
特許情報3 出願人
公立大学法人名古屋市立大学
特許情報3 発明者
坡下真大 他
特許情報3 出願日
2019/4/25
特許情報3 出願番号
未公開

お問い合わせ先

名古屋市立大学 産学官共創イノベーションセンター(事務局学術課)

メールアドレス:ncu-innovation@sec.nagoya-cu.ac.jp

電話:052-853-8309   FAX:052-841-0261  

URL:http://www.nagoya-cu.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop