Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 奈良女子大学 大学院 生活工学共同専攻

奈良女子大学 大学院 生活工学共同専攻

才脇 直樹 教授

プリンテッドエレクトロニクスとIoTによる健康/労務見守りシステム

情報通信
小間 I-34

Nara Women's University Professor Saiwaki Naoki

Health / Labor Monitoring System utilizing Printed Electronics and IoT

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-34

展示概要

技術概要
我々は生活科学に強い女子大学の伝統を生かし、15年程前から繊維と情報処理が融合したスマートテキスタイルを用い、着るだけで各種生体情報を取得できるセンシングウェアや,妊婦と胎児の心拍見守り腹帯の開発などに,先導的に取り組んできました。また,これらを無線でネットワークに接続し,ビッグデータ化して分析し結果を共有することで,看護介護を含め各種社会サービスの提供に役立つことを示してきました.今回は主として,プリンテッドエレクトロニクスを用いた健康と労務管理に役立つセンシングウェア&IoTナースロボットシステムをご紹介します.

想定される活用例
・高齢者の健康見守り,在宅ケアの省力化
・熱中症や睡眠時無呼吸症候群等の兆し発見
・子供の健康やスポーツの見守り
・睡眠の質や疲労状態の計測に基づく労務管理

 

展示のみどころ
センシングウェアで計測されたデータをクラウドにアップし,IoTロボットナースが実際にアドバイスをくれる一連の流れをデモ実演いたします.また,これまで研究室で開発してきた日常生活見守りのための紫外線計測カチューシャやにおい計測ポシェットなど,各種IoTデバイスについても手に取ってご覧いただけます.

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop