Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 奈良女子大学 理学部 化学生物環境学科化学コース

奈良女子大学 理学部 化学生物環境学科化学コース

矢田 詩歩 助教

両親媒性物質が作る泡のミクロ構造

ナノテクノロジー
小間 N-31
プレ 0829-A-14

Nara Women's University Assistant Professor Yada Shiho

Microstructures of Foam Formed by Amphiphilic Compounds

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

17 パートナーシップで 目標を達成しよう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ナノテクノロジー
小間番号
N-31
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-14
2019年8月29日(木)
会場A
11:45 - 11:50

展示概要

技術概要
近年私たちは,界面活性剤が形成する泡の構造や安定性をミクロスケールで検討した。前例の乏しい中性子小角散乱を主に用いて界面粘弾性、溶液安定性評価などの測定手法を組み合わせることで,泡膜中にミセルが存在することを発見し,泡膜の弾性や泡膜の厚み、膜の総量,泡沫中の界面活性剤の体積分率などの時間に依存した情報を得ることに成功した。これらの泡沫の構造や安定性に関する有用な情報は,界面活性剤の泡が関係する洗浄の分野に限らず,食品や化粧品などさまざまな産業分野で大いに役立つものと期待される。

想定される活用例
・洗浄や化粧品などのトイレタリー分野
・食品分野の性能評価
・各種工業分野

 

展示のみどころ
さまざまな構造の界面活性剤がつくる泡のミクロ構造や安定性の評価について、各試料および水溶液の実物を用いながら紹介し、分子構造の違いが泡特性に与える影響を示すことで、泡のミクロ構造評価の有用性や実用化の可能性について解説する。また、洗浄分野に限らず、化粧品や食品、各種工業分野などのさまざまな分野への応用の可能性についても、展示を交えながら解説する。

お問い合わせ先

奈良女子大学研究院自然科学系化学領域

メールアドレス:yada@cc.nara-wu.ac.jp

電話:0742-20-3561   FAX:0742-20-3561  

URL:http://www.chem.nara-wu.ac.jp/~yoshimura/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop