Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域

清川 清 教授

そうめんをラーメンに変化させる味覚操作ARシステム

情報通信
小間 I-36
プレ 0830-B-23

Nara Institute of Science and Technology Professor Kiyokawa Kiyoshi

Enchanting Your Noodles

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

2 飢餓を ゼロに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-36
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-23
2019年8月30日(金)
会場B
12:40 - 12:45

共同研究者

電気通信大学 総合情報学科
教授 柳井 啓司

東京大学 情報理工学系研究科
講師 鳴海 拓志

展示概要

技術概要
実際にはそうめんを食べているのにあたかもラーメンや焼きそばを食べているように錯覚させる、味覚操作ARシステムを展示します。ヘッドマウントディスプレイと呼ばれるバーチャルリアリティ用のゴーグルと、それに内蔵されたステレオカメラ、AIを用いた画像変換技術であるGAN(Generative Adversarial Network)を組み合わせて、目の前の食べ物の映像を異なる食べ物の映像にリアルタイムで変換します。変換した映像はAR(Augmented Reality)によって実際の食べ物に重畳表示されます。すると、脳が変換後の食べ物を食べていると誤認し、味覚まで変化して感じられる錯覚を体験できます。

想定される活用例
・病気やダイエット中など様々な理由で食べたいものが食べられない人々のQoL向上
・味覚の知覚に関する理解の促進
・食品産業における付加価値の向上

 

展示のみどころ
実際に食べている食べ物の外観が変化し、味わいまでもが変わってしまうという今までにない感覚を、 映像を通して体験することができます。
また、人がどのように食べ物を認知・認識しているかなどを科学的に解明できる可能性があります。
多くのメディアでもすでに取り上げられており、注目を集める展示だと考えています。

お問い合わせ先

奈良先端大 産官学連携推進部門

メールアドレス:ip-3f@ip.naist.jp

電話:0743-72-5191  

URL:http://www.naist.jp/sankan/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop