Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 新潟大学 工学部 工学科 材料科学プログラム

新潟大学 工学部 工学科 材料科学プログラム

田中 孝明 教授

環境に優しい生分解性バイオマスプラスチック製濾過膜

マテリアル・リサイクル
小間 Z-14
プレ 0829-B-09

Niigata University Professor Takaaki Tanaka

Environmentally benign filtration membrane of biodegradable biomass plastics

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
マテリアル・リサイクル
小間番号
Z-14
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-B-09
2019年8月29日(木)
会場B
11:15 - 11:20

展示概要

技術概要
食品・バイオ産業において液体の清澄化に用いられる濾材(濾過膜・濾過助剤)は目詰まりすると産業廃棄物になります。生分解性バイオマスプラスチック製の濾過膜は目詰まり後にはコンポスト(堆肥)化装置によって、二酸化炭素と水に分解することができます。また、生分解性バイオマスプラスチック製はアルカリによっても分解できますので、高価な金属微粒子の回収などにも応用できると考えられます。

想定される活用例
・食品・バイオ産業における液体の清澄化
・金属微粒子の回収

 

展示のみどころ
生分解性バイオマスプラスチックを用いた多孔質膜の作製方法の紹介します。難濾過性のソフトな微粒子を圧密化させることなく、高速に濾過することが可能なデプスフィルターの作製の原理と濾過実験の例(SEM写真など)も展示します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
デプスフィルター型精密濾過膜及びその製造方法
特許情報1 出願人
国立大学法人新潟大学
特許情報1 発明者
田中 孝明
特許情報1 出願日
2010/3/19
特許情報1 出願番号
2010-064440

お問い合わせ先

新潟大学地域創生推進機構

メールアドレス:onestop@adm.niigata-u.ac.jp

電話:025-262-7554   FAX:025-262-7513  

URL:https://www.ircp.niigata-u.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop