Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 日本大学 短期大学部 食物栄養学科

日本大学 短期大学部 食物栄養学科

太田 尚子 教授

環境にやさしい生分解性混合タンパク質製シートの作成

ライフサイエンス
小間 L-24
プレ 0830-A-29

Nihon University Professor Naoko Yuno-Ohta

Formation of biodegradable sheets using proteins with different heat stabilities

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

12 つくる責任 つかう責任
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-24
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-29
2019年8月30日(金)
会場A
13:15 - 13:20

展示概要

技術概要
従来のプラスティック製品の代替品として環境にやさしい食器等を創出する技術です。性質を異にするタンパク質を混合したものを主材料としています。学校給食などで食教育にも利用できるよう天然色素で栄養素ごとにカラフルな色をつけたいと考えています。一般にタンパク質フィルムの長所は、酸素透過性が低いこと、また短所は水蒸気バリヤー性が低いことが知られています。更に、柔軟性を持たせる為に可塑剤が利用されますが、本技術では、グリセロールなどの可塑剤の量を減らし、熱耐性の牛乳カゼインを混合している点に特徴があります。

想定される活用例
・食材包装
・パスタなど食品の結束バンド
・軽重量かつ破損しないトレー等

 

展示のみどころ
身近な食品タンパク質を主素材として作った環境にやさしいシートに関する展示です。タンパク質の種類選択やフィルム調製法にいろいろな工夫を凝らしています。出来上がったシート材料を実際に手にとって触っていただき、そのテクスチャーの違いを体験していただけます。使用目的に応じてどの調製法が望ましいかなどマッチングについてお話合いができればと考えています。

特許情報

特許情報1 発明の名称
タンパク質シート及びタンパク質シートの製造方法
特許情報1 出願人
学校法人 日本大学
特許情報1 発明者
太田尚子・荻野健次・高橋美帆
特許情報1 出願日
2016年2月26日 (現在は、審査請求中)
特許情報1 出願番号
特願 2016-36390

お問い合わせ先

日本大学 研究推進部 知財課

メールアドレス:nubic@nihon-u.ac.jp

電話:03-5275-8139   FAX:03-5275-8328  

URL:https://www.nubic.jp/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop