Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 日本大学 理工学部 機械工学科

日本大学 理工学部 機械工学科

鈴木 康方 准教授

自然と調和して自然を利用する自動折り畳み式垂直軸風車

低炭素・エネルギー
小間 E-15
プレ 0830-B-37

Nihon University Yasumasa Suzuki

Automatic folding vertical-axis wind turbine harmonized with natural environment and using it

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-15
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-37
2019年8月30日(金)
会場B
14:05 - 14:10

展示概要

技術概要
本技術は垂直軸風車を対象としており,低風速での発電や停止状態からの起動性向上を,前縁スラットを搭載したブレードにより実現し,台風等の強風時にブレードが自動的に折り畳まれてローターが流体力学的に回転しにくい形状かつコンパクトな形状に変形して自然にブレーキの役割を果たすものです.また,強風が弱まると自動的に元の形状に復旧し,これらの動作はバネの復元力により全て受動的な制御として行われます.

想定される活用例
*建物屋上での既設設備の多い風環境の悪条件での電源
*災害時の定点カメラ等の非常用電源
*災害救助等の現場における移動可能な電源
*一時的,短期使用のウィンドファーム形成による電源(複数機使用)

 

展示のみどころ
垂直軸風車を対象とした本技術における,微風での自己起動性の向上のための前縁スラット付きブレードについて翼素を用いた風洞試験による取り組み,強風時の自動的なブレードの折り畳みとこの形状での微風時からの自動的な復旧の仕組みについて,動画や模型による実演を交えて紹介します.

特許情報

特許情報1 発明の名称
動力装置
特許情報1 出願人
上野 康男、学校法人日本大学
特許情報1 発明者
上野 康男、鈴木 康方、藤田 肇
特許情報1 出願日
2014年2月14日
特許情報1 出願番号
特許6398095

お問い合わせ先

日本大学 研究推進部 知財課

メールアドレス:nubic@nihon-u.ac.jp

電話:03-5275-8139   FAX:03-5275-8328  

URL:https://www.nubic.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop