Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 兵庫県立大学 大学院工学研究科 機械工学専攻

兵庫県立大学 大学院工学研究科 機械工学専攻

吉木 啓介 助教

光の位相・偏光分布を自由に操作できる高強度光用透過型液晶フィルタ

装置・デバイス
小間 M-56
プレ 0829-A-55

University of Hyogo Assistant Professor Keisuke Yoshiki

A transmission type liquid crystal device for two-dimensional polarization and phase encoding in high-power laser beam

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-56
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-55
2019年8月29日(木)
会場A
15:50 - 15:55

展示概要

技術概要
ビーム内の偏光・位相の空間分布を自由に変換できる空間フィルタを製品化する.本素子はあらゆる既設の光学機器に導入可能な透過型液晶素子で,偏光の方位角,楕円率,左回り・右回りの別,そして位相の状態を自由な分布で生成出来る.液晶の画素一つ一つにこれらをエンコードでき,画素の分割数の範囲内で自由な分布を創り出すことが出来る.また,高強度レーザーに適用でき,光イメージング,光加工,光操作の装置に新たな機能を付与する付加装置として製品化する.現在,試作供給を開始しており,試用ユーザーを募集している.

想定される活用例
・レーザー加工(高効率化,特殊加工)
・顕微鏡,カメラビジョン,光センサ(特殊観察)
・LIDAR (Laser Imaging Detection and Ranging)
・光多重通信
・マルチプローブAFM

 

展示のみどころ
本液晶空間フィルタを装着した顕微鏡をデモ展示致します.

 

偏光モード変換器(PMC: Polarization Mode Converter) / PMC: Polarization Mode Converter

応用分野 / Applications of Inhomogeneous polarization / phase filter

特許情報

特許情報1 発明の名称
偏光制御装置および偏光制御方法
特許情報1 出願人
兵庫県立大学
特許情報1 発明者
吉木啓介,橋本守
特許情報1 出願日
2017年11月24日 金曜日
特許情報1 出願番号
特開2016-230675
特許情報2 発明の名称
液晶光学素子およびその製造方法
特許情報2 出願人
兵庫県立大学
特許情報2 発明者
吉木啓介
特許情報2 出願日
2018年11月30日 金曜日
特許情報2 出願番号
特願2018-224912
特許情報3 発明の名称
出願準備中(当日出願済み予定)
特許情報3 出願人
特許情報3 発明者
特許情報3 出願日
特許情報3 出願番号

お問い合わせ先

吉木啓介

メールアドレス:yoshiki@eng.u-hyogo.ac.jp

電話:079-267-5182   FAX:079-267-5182  

URL:http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/outline/faculty/yoshiki/yoshiki/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop