Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 弘前大学 大学院保健学研究科 生体検査科学領域

弘前大学 大学院保健学研究科 生体検査科学領域

堀江 香代 助教

カシス抽出物は更年期障害の軽減に有効か?

ライフサイエンス
小間 L-07
プレ 0830-A-16

Hirosaki University Graduate School of Health Sciences. Assistant Professor Kayo Horie

Is blackcurrant extract effective in reducing menopause?

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-07
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-16
2019年8月30日(金)
会場A
12:00 - 12:05

共同研究者

弘前大学 大学院保健学研究科
准教授 七島 直樹

展示概要

技術概要
これまでに、カシス抽出物には更年期モデルである卵巣除去ラットの血管拡張や柔軟性を改善する効果があること。および、体重や中性脂肪を減少させることを明らかにしてきました。さらに皮膚に対してはアントシアニン単独よりもカシス全抽出物の方が高い効果が得られ、血管や毛包においても同様の結果を示しました。このことから、カシス抽出物にはアントシアニン以外にも女性の更年期症状の軽減に役立つような多くの未知な有効な成分が含まれている可能性が考えられ、これらを使用したサプリメントなどの開発を考えています。

想定される活用例
・更年期症状の軽減を対象としたカシスエキスやカシス有効成分を含むサプリメント,ドリンク,ゼリー等の開発を行う。
・更年期症状に対する評価の技術シーズとして培養細胞やモデル動物を用いた系を確立している。

 

展示のみどころ
カシスはポリフェノールの1種であるアントシアニンやビタミンCなどを多く含むことから血流改善、眼精疲労の回復や美容効果などが推測されてきたがその詳細は不明であり、更年期女性に対する効果は未知である。我々は培養細胞やモデル動物を用いてカシスには皮膚、血管、毛包に対する更年期症状を緩和するような有効成分が含まれることを示しており、更年期症状の緩和を目的としたカシス商品の開発を目指している。

特許情報

特許情報1 発明の名称
更年期症状の軽減効果を有するカシス抽出物の有効成分および飲食物、化粧品、並びにその使用方法
特許情報1 出願人
国立大学法人弘前大学
特許情報1 発明者
堀江 香代, 七島 直樹
特許情報1 出願日
2019.05.16
特許情報1 出願番号
特願2019-93226

お問い合わせ先

弘前大学研究・イノベーション推進機構 東京事務所

メールアドレス:j-tokyo@hirosaki-u.ac.jp

電話:03-3519-5060   FAX:03-3519-5061  

URL:http://www.innovation.hirosaki-u.ac.jp/contact

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop